FXチャート分析・相場分析

USDCHFで75,000円の損失。FXでは損失時にこそトレードを振り返る

今回のUSDCHFドルフランでのFXトレードの反省点アイキャッチ
USDCHFはまさかの急反転でしたネ・・・
ロボ1号
blank
博士
そうじゃな、それが相場というものじゃ。
チャート上で博士の言っていたポイントでの反発だったよね!
blank
ロボ2号
blank
博士
あの時の相場の動きを見て、逆指値を建値までずらしておくべきだったかもしれないね。今回のトレードを振り返って次につなげていこう。

こんな方におすすめ

  • 他のトレーダーがFX取引時、損失時にどんなことを考えているか参考にしたい方
  • 今後のUSDCHF(ドルフラン)の値動きに注目して、現在MT4チャート分析している方

今回のUSDCHF(ドルフラン)での取引はトレード情報を提供しているBANDでも配信を行い、途中までは完璧な流れでした。

FXトレーダー共有サークルBAND

しかし、結果は約75,000円の損失。

FXではどれだけ含み益があったとしても結果がすべての世界ですので、今回どうして、マイナストレードになってしまったのか振り返り、今後のトレードにつなげていきたいと思います。

このトレードのミスを是非参考にしてもらえたらと思います。

USDCHFエントリーまでのハイライト

USDCHFの相場状況は大まかに言うと、これから上昇トレンドを伸ばしていこうかぁ~という場面でした。

4時間足を見ると少しずつ買い注文が集まり、徐々にチャートは右肩上がりになりつつあり、これからも上昇を期待できるトレンドだったと思います。

このトレンドが追随期に入っていけば、100pips以上獲得できる可能性があると思った私は、今後上昇していく中でトレンドの反発されるポイントがないのか見ていくと30pipsほど上に少し目立った高値がありました。

この価格は0.97950です。

ここがレジスタンスラインとして機能してくるかまでは分かりませんでしたが、高値として目立つ存在ではあったので、この付近で攻防が起きるかもしれない予想をしていました。

ただ、0.97950までは30pipsほど余裕があったので、仮にここで反発してしまったとしてもマイナスにはならずにトレードを終わらせることが出来るであろうとこの時は自分を過信していました。

そして、この後に1時間足、15分足と相場状況を確認して最終的に15分足の陽線の本数が連続して出現してきたタイミングでエントリーしました。

事前分析公開ブログはこちら

0.98000をこのまま100pips行くかと思いきや・・

エントリーしてから数時間はあまり価格変動が起きませんでしたが、少しずつ価格を上昇させ含み益を増やしていきました。

そして、4/24金曜日の夕方ごろから相場は大きく上昇を始めて獲得pipsは40ぐらいまで伸びてきて、分析時に目を付けていた0.97950の高値を10pips近く超えたので、このまま更に伸びて100pips以上獲得できると思いました。

しかし、そう簡単に狙ったpipsは取れるものではないですね。

更に上昇していく期待を裏切るかのように相場は反転を始めました。

ですが、博士も相場が一気に100pips獲得できるとはさすがに思ってなかったですし、相場が上下を繰り返しながらトレンドが大きなものになっていく認識がありました。

なので、逆指値の設定を建値まで移動するのではなく、-25pipsの位置に移動しました。

 

今回のトレードの反省点

先ほど逆指値を-25pipsの位置にずらしたと書きましたが、今回のトレードで起こした最大のミスジャッジはこの逆指値をずらしたことです。

これは何故かというと40pipsほど獲得した位置から-25pipsまで戻すということは、合計で65pips相場が動くことになります。

今回のUSDCHFドルフランでのFXトレードの反省点

これだけ幅があれば、戻してきた相場も再反転して上がっていく可能性もあるかもしれませんが、ここまで戻した場合、相場で何か変化が起き、狙っていた100pipsは獲得出来ないかもしれないと分析し、リスクを避けるための方向転換を行いプランBの策を打つのが先決でした。

なので、この時は合計65pipsの幅を持たせるのではなく、建値まで逆指値をずらしトレードをトントンで終わらせる判断をすべきでした。

100pips以上狙うという想いがこのミスを引き起こしてしまいましたね。

なるほど、博士がたまにいう、お祈りトレードっていうのにはやっぱり注意ってことか。
blank
ロボ2号
blank
博士
お祈りとはちょっと違ったが、大きくpipsが取れた時は最高の気分になるので、常に狙いたくなるところを、少し冷静に相場見るべきじゃったな。

この時の4時間足を見ると、危惧していた付近のローソク足は上ヒゲ長くなっているので、こういった部分からもリスク回避の行動を取ることが大事でしたね。

MT4チャートから見る今後のUSDCHFの相場観

今回のトレードは負けてしまいましたが、途中までの流れは良かったのでいい部分はそのままに、修正すべき箇所は修正して次のトレードに繋げていきたいと思います。

そして、最後に見ていくはまたしてもUSDCHFです。

MT4チャートから見る今後のUSDCHFの相場観

やられたらやり返す!
これはロット数を過大にするとかではなく、しっかりと分析した上でトレードが出来ればの話です。

今の相場状況は気にしていた0.97950を超えたあたりから反転して、その時のローソク足の上ヒゲは長くなり、次は陰線をつけています。

そして、次の4時間足では戻してくるんですが、その次に再度陰線をつけて、せっかく1日以上かけて上げてきた相場が半日で振り出しに戻ってしまった状況です。

これを見ると私を含め、ロングでポジションを持っていたトレーダーは失望感が強くなり損切を執行し、売り注文が更に増えていく可能性が高くなってきた局面です。

相場の動き方も雷のような形になっており、上昇反転をしてもすぐにそれを超えるような下落となっている事から見ても今からロングを入れる気持ちにならないですね。

なので、来週からはショート目線で見ていきたいと思います。

まとめ

今回は先日BANDでも伝えたUSDCHFのFXトレードについて振り返ってみました。

USDCHFのトレードまとめ

  • マイナストレードを振り返り、今後のFX取引に生かしていく
  • やられたらやり返すをロット数でやるのではなく、分析をしてしっかり見極める
  • 博士の相場観としてはUSDCHFは今後売り目線が増えていくという目線

損失を出した時は冷静にトレードをしていくのが難しかったり、今すぐ取り返したい気持ちになってしまいがち。

そのすぐ取り返したい気持ちをグッと我慢して、冷静にMT4でチャートを見て分析する。

そういうFXトレーダーとしての癖をつけていきたいですね。

FX取引情報の共有はこちら

本ブログでは、FXで使えるMT4の自動売買EAや、トレンド判断の手助けになるカスタムインジケーターを無料で公開しています。

相場分析等も行っていますので、初心者の方でも気軽にFX取引に役立ててください。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
blank

exy-2 博士

2014年からFXを開始。スキャルピングやデイトレードでの裁量取引から始めたが、なかなか思い通りに結果を出すことが出来ず苦戦。スイングトレードが自分に合っていると知る。 その中でEAでの自動売買とも出会う。様々なEAを利用する中で自分のロジックを形にしたいと考え、MT4やMQL4を学び、今もなおFXトレードと合わせて研究中。 自分の開発したEAで、多くの人に利益を出してもらいたいという夢と、FXを始めた頃の自分のようなトレーダーの方にブログを通して有益な情報を発信したいと思い、2019年にExy-2博士のブログを開設。

おすすめの人気記事ランキング

無料EAFX自動売買ツール一覧表紙 1

博士本FX研究所オリジナルの無料EA(FX自動売買システム)の一覧とそれぞれのEAの概要ページじゃ!バックテストやmyfxbookでの稼働状況や取引成績も公開中しておるぞ。 ご自身の気に入ったEAを是 ...

FX収支表を無料で公開!Windows・Mac・スマホでも確認可能(初心者でも収支分析や日記に活用しよう) 2

博士、FXで取引をする時に結果とかをまとめたいんだけどどうするのがいいかな~?ロボ2号 博士FXトレード日記を書くのはいいことなんじゃ。自分を制御することにも繋がるしの。そうじゃ 🙄 儂が日記で書いて ...

FXやEAでの自動売買初心者向けの使い方一覧 3

博士この記事では、FX自動売買の始め方・使い方から、FX全般で初心者にぜひ知っておいて欲しいことをまとめた記事の一覧を紹介するぞぃ。 目次1 FXを全くやったことがない初心者の方はFXを知ろう!2 F ...

bandを活用してFXチャート分析情報を更新(グループアプリで情報共有) 4

博士ロボ1号は「band(バンド)」というSNSアプリを知っているか? bandですか、初めて知りました。SNSということはLINEやtwitterみたいなアプリなんデスカ?ロボ1号 博士どちらかとい ...

-FXチャート分析・相場分析
-, , ,

© 2020 FX研究所~初心者でもできるチャート分析と自動売買EA~