最新情報 2020/10/31更新

調子が悪かったGBPJPY用のEA「Exy-2 fourth」のバックテスト期間を延ばして再度検証。バージョン2.0として更新しました!
myfxbookでのフォワードテストも実行してイマス。選択肢の1つとして是非確認してみてクダサイ。
blank
ロボ1号

FX攻略情報

MT4のトレード履歴からFX取引を自動分析できるExcel(エクセル)ツールを公開(収支表)

MT4のトレード履歴からFX取引を自動分析できるExcel(エクセル)ツールを公開(収支表)
blank
博士
ロボ1号よ。ロボティックFX自動分析収支表以前FXトレーダーの人から頼まれて研究していた例のトレード履歴自動分析ツールは出来上がったのか?
はい、博士!ロボ1号が開発したFXの収支を自動分析するExcel、名付けて「ロボティックFX自動分析収支表」が完成したので報告可能デス。最近調子のよいExy-2 thirdのEA取引結果で説明シマス。
blank
ロボ1号
というか、他のEAはコロナの影響とかもあって結構大打撃受けちゃってるじゃん、博士w
blank
ロボ2号
blank
博士
じゃかましい!ロボ2号は黙っておれ。Exy-2 thirdの自動売買はそれなりに好調じゃからの。じゃあ、ロボティックFX自動分析収支表の説明を頼む。

こんな方におすすめ

  • MT4の取引履歴から、自分のFXトレードの分析をしたい方
  • トレード分析をしたいが、計算したりちょうどいいツールが見つけられなかった方
  • 毎日トレード日記をつけたほうがいいと思っているが、なかなかそれが出来ず自分のトレードを振り返る機会を作りたいと思っているトレーダーの方

FXをしていくうえで、日記や収支表を残すことはトレーダーとしてプラスに働くというのは以前からブログ上でお伝えしてきました。

blank
博士
日記型のトレード収支表はこの記事で紹介しているので、日々のチャート分析結果やトレードの詳細を記録していきたい人はこちらを使うといいぞ。

FX取引情報の共有はこちら

今回の「ロボティックFX自動分析収支表」はトレード回数が多かったり、収支を自動で分析したい人におすすめのFX自動分析収支表です。

それでは早速使い方などを紹介していきましょう。

ロボティックFX自動分析収支表の見た目と機能

MT4から抽出したFX取引データをロボティックFX自動分析収支表に入れ込んだらこのような4つの画面を見ることがデキマス。
blank
ロボ1号
なるほどね~!それぞれの見方をわかりやすく説明してよ!
blank
ロボ2号

トレード一覧自動表示機能

トレード一覧自動表示機能

1つ目はトレード一覧機能デス。こちらはMT4でトレードした一覧を自分でフィルタをかけて調べたりすることがデキマス。その中でも注目してほしいのが…
blank
ロボ1号

ロボティックFX自動分析収支表の「トレード一覧」タブでは、一覧表示ができます。

右側には、独自に設定したフィルタを自分で割り当てることができます。※特に未設定でも使うことができますが、以降で説明するExcelのピポット機能を使った分析をする時に役立てることが可能になります。

右側の独自フィルタはプルダウンで選択できるようにしてありマス。EAや裁量トレード、ツールを使った判断、自分独自の判断理由などを割り当ててその成果を分析する時に役立ちマス。
blank
ロボ1号

通貨ペア・独自フィルタ別ピポット機能

2つ目の機能が通貨ペア・独自フィルタ別ピポット機能です。

通貨ペア・独自フィルタ別ピポット機能

このシートでは、自動でトレードした通貨ペア、トレード判断理由毎に、合計獲得pipsや合計の利益(損失)、総トレード回数、勝ちトレード回数、トレードロットの平均、その通貨ペアでの一回の最大獲得pips数、最小獲得pips数を一目で確認することが可能です。

左上のトレード年月、トレード方向(買い(buy)か売り(Sell))を選択してその期間を出すということもデキマス。
blank
ロボ1号
blank
博士
なるほど、ピポット機能を使ったわけじゃな。空欄の行で計算式のエラーが出ているようなので、左上のトレード年月は「すべて」→「空白行のチェックを外す」にしたほうが見やすそうじゃ。

FX損益グラフ自動表示機能

次は、FX損益グラフ自動表示機能です。

FX損益グラフ自動表示機能

こちらはシンプルに、月ごとの収支(金額)が通貨ペア毎に一目で表でわかるというものです。

スマホやパソコンのMT4でも期間を絞って検索ができるので、そういう意味ではMT4でもいいのですが、グラフが表示出来て自分のトレード状況が月ごとに見られるというのはいいと思いマスヨ。
blank
ロボ1号
blank
博士
myfxbookでもわかりやすくクラウド上に保管ができるメリットはあるが、自分でExcelで色々とトレード結果を分析したい人にはもってこいじゃな。

FX損益pipsグラフ自動表示機能

そして、MT4だけでは出しづらいのがこのpipsです。

FX損益pipsグラフ自動表示機能

月ごとの獲得pipsを通貨ペア別で確認でき、通貨ペア毎のグラフ、月ごとの状況を確認しやすいような表とグラフで表示してくれる機能です。

pipsでトレードの成果を振り返るという意味で、活用の場面はきっと多いのではないでしょうカ。
blank
ロボ1号
blank
博士
ピポットのベースを作ってあるということは、excelに詳しい人は自分でもカスタマイズができるということじゃな。

ロボティックFX自動分析収支表の使い方・入手方法

では、試作機を公開シマス。普通のexcelデータですがご利用はご自身の責任で。早速なのですがロボティックFX自動分析収支表のダウンロードはこちらから行ってクダサイ。
blank
ロボ1号

“ロボティックFX自動分析収支表” をダウンロード roboticFXanalysis_1.00.zip – 144 回のダウンロード – 138 KB

※ダウンロードパスワードは、カスタムインジケーター「ピラミッドパワー」やスマホでトレーリングできるEA「Exy-2 trail」と同様、メールかLINEでお伝えています。

推奨動作環境

OS:Windows10以上

ソフト:Microsoft Office2016以降

作成と動作確認環境はWindows10 Pro、Microsoft Office Home and Business Premiumです。
Mac環境や旧バージョンのMicrosoft Office、WPS Officeをはじめとした表計算ソフトでは、ピポットや計算式がうまく動作しない可能性があります。※検証はしていませんのでご了承ください。動作しない場合などはOffice365などの無償版などを使ってみるなど、ご自身でご確認をお願いします。

blank
博士
ZIPファイルは解凍してつかうんじゃぞ。

使い方の簡単な流れ

  1. MT4で収支分析の元データを抽出、ダウンロード
  2. ロボティック分析表のcsv_dataシートにデータを張り付け
  3. 各分析シートの表示情報を更新


流れはシンプルで初心者でも簡単に使えそうだね。
blank
ロボ2号

MT4から口座の収支や獲得pips入りのCSV(エクセル)データをダウンロードする

今回のロボティックFX自動分析収支表は、MT4の口座でFX取引をした履歴データを抽出して、データを吸い上げます。

まずは、こちらのMT4インジケーター&ギャラリーでフリーで配布されている「csv_Report.mq4」スクリプトを利用してMT4からCSVデータを抽出シマス。
blank
ロボ1号
blank
mt4indicator.net
 
blank
MT4の口座履歴をCSVファイル出力して獲得PIPS数まで表示できるMT4スクリプト csv_...
http://mt4indicator.net/blog/archives/551
blank
博士
詳細な手順はMT4インジケーター&ギャラリーさんのページにあるので、流れだけ簡単に説明してもらうかの。

step
1
抽出したいFX取引データがあるMT4口座にログイン

まずはトレードをしているMT4にログインします。

MT4のダウンロードとかログインはこのページに書いてあったね、たしか。
blank
ロボ2号

MT4のダウンロード、ログインはこちら

step
2
「csv_Report.mq4」スクリプトをダウンロードしてMT4のデータフォルダに格納

MT4のデータフォルダに格納する流れなど、MT4インジケーター&ギャラリーさんのダウンロードページに記載がありますので、そちらを確認しながら作業をしましょう。

この手順はインジケーターやEAを入れる時とほとんど同じでMQL4の下の「script」フォルダに入れるところが違いデスネ。
blank
ロボ1号

データフォルダにcsv_Report.mq4をコピーした後は、MT4の再起動をするのを忘れずに。

step
3
チャートに「csv_Report.mq4」を入れて履歴を出す期間を設定

MT4インジケーター&ギャラリーさんのダウンロードページの手順通りやっていただければ大丈夫です。一覧にしたいFX取引期間を入力

チャート上にスクリプトを入れると、上の画面になりますので、FX取引履歴の開始日をReportFromDate、終了日をReportToDateに数字のみで入力シマス。
blank
ロボ1号
2019年1月1日から2020年12月31日までの期間の取引データを出したい場合は、20190101と20201231と入力すればいいんだね!
blank
ロボ2号

入力後、OKをクリックして1分ほど待つとデータフォルダの中に取引履歴のCSVデータが保存されます。

データフォルダ\MQL4\Files\StatementCSV_採取した日時.csv

FX取引データ保存の画面イメージ

ダブルクリックすると、以下のような取引データが表示されます。

MT4からダウンロードした取引元データ

このようなイメージでデータが保存されマス。このデータのままでも取引履歴を見ることはできるのですが、統計を取ったり計算するのは大変なのでロボティックFX収支分析表で見やすくする感じデスネ!
blank
ロボ1号

ロボティックFX収支分析表に取引元データを張り付け

ロボティックFX収支分析表を起動しcsv_dataシートを開く

早速、ロボティックFX収支分析表を開きマス。
blank
ロボ1号

右クリックしてFX収支分析表を解凍する

ダウンロードした「roboticFXanalysis_1.00.zip」を右クリックしてすべて展開だね。保存場所はどこでもいいんだよね♪
blank
ロボ2号

解凍できたロボティックFX収支分析表をダブルクリック

解凍が終わったら、ロボティックFX収支分析表をダブルクリックしマス。
blank
ロボ1号

左下のCSV_dataにトレード履歴をコピー

自動分析収支表を起動するとこのような画面になります。

左下のCSV_dataシートをクリックしてください。

このCSVシートは空の状態ですが、ここに先ほどMT4でダウンロードしたデータを入れることで自動分析をすることがデキマス。
blank
ロボ1号

MT4からダウンロードしたCSV(エクセル)データをコピーし貼り付け

MT4からダウンロードしたCSVデータをコピーし、ロボティックFX収支分析表のCSV_dataシートに貼り付けます。

元のFX取引履歴の左上を右クリックして全部選んでコピー

左上の角の部分を右クリックすることで全部のセルを選択できるので、コピーをクリック。

そのままcsv_dataに貼り付けます。

CSV_dataに取引データを張り付け

csv_dataでも左上の角を右クリックして貼り付けます。

全部のセルの値をコピー&貼り付けできればいいので、ご自身の慣れている方法で大丈夫デスネ!
blank
ロボ1号
blank
博士
これで収支を自動分析する準備ができたわけじゃな。

各分析シートの情報を「Alt」+「F5」キーで更新

コピーが終わったら、各自動分析用のシートの情報を更新シマス。「通貨ペア・独自フィルタ別ピポット」シートに移動しまショウ。
blank
ロボ1号

通貨ペア独自フィルタ別ピポットの表を更新

図の、赤枠のところを一回クリックした後、キーボードで「Alt」キーを押しながら「F5」キーを押すことで情報が更新されます。

Alt+F5でFXで取り込んだデータが自動で反映

このように、取り込んだFX取引の履歴データが自動で反映されます。

この操作で、他のシートにも自動で取り込んだCSVのデータ情報が反映されて、グラフ等が見れるようになります。

他のシートにも取り込んだFX取引データが自動で反映、グラフも表示

あとは、自分の見やすいようにデータの表示を変えたり、独自フィルタを設定して状況を見たりという感じデス。
blank
ロボ1号

ロボティックFX収支分析表の保存

ロボティックFX収支分析表は、通常のExcelデータですので、通常のデータと同様に保存等の操作を行ってください。

Excelの上書き保存

ロボティックFX収支分析表の上書き保存

一つ目はExcelの上書き保存ボタンをクリックする方法。クリックすると、開いているデータがそのまま上書きされて保存されマス。
blank
ロボ1号

Excelで名前を付けて保存

Excelの名前を付けて保存機能を利用

二つ目は名前を付けて保存する方法です。

blank
博士
左上のファイル⇒名前を付けて保存⇒保存する場所、ファイル名を決めて保存する方法じゃな。

まとめ

MT4のトレード履歴からFX取引を自動分析できるExcel(エクセル)ツール「ロボティックFX自動分析収支表」の機能や、MT4からFX取引データ抽出、初期の設定方法、データの自動分析についてお伝えしました。

ロボティックFX自動分析収支表まとめ

  • FX取引データから、月ごと、通貨ペア毎の獲得pipsや損益状況などを自動で抽出し表やグラフにしてくれるのがロボティックFX自動分析収支表。
  • 独自フィルタを設定することで、自分のトレードの特徴分析などにも役に立つ
  • MT4からFX取引データをダウンロードするには、csv_Report.mq4がおすすめ。
  • トレード日記を兼ねて使う場合は、Exy-2FX研究所トレード戦略&結果表、自動で多くのデータを分析したい場合はロボティックFX自動分析収支表がおすすめ。
blank
博士
ところでロボよ、独自フィルタの設定方法やそれぞれの表の見方などは教えてくれんのか?
今回はまずは、お試しですし実際使ってみてもらうのが早いと思ったンデス!また別の記事で、使い方などを紹介しようと思いマス。
blank
ロボ1号

ロボティックFX自動分析収支表ダウンロード

“ロボティックFX自動分析収支表” をダウンロード roboticFXanalysis_1.00.zip – 144 回のダウンロード – 138 KB

※ダウンロードパスワードは、カスタムインジケーター「ピラミッドパワー」やスマホでトレーリングできるEA「Exy-2 trail」と同様、メールかLINEでお伝えています。

FX初心者の方から熟練トレーダーの方まで、幅広く利用できるものになっていると思います。

今後も改良をしていこうと思うので、ご意見などあれば是非直接聞いてください。

本ブログでは、FXのトレードで活用できる自動売買EAや、トレンド判断の補助として利用可能なカスタムインジケーターを無料で公開しています。
相場分析等もFX取引に役立ててください。

FX自動売買利用者のレビュー・口コミ


レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう♪

FX研究所~初心者でもできるチャート分析と自動売買EA~
平均評価:  
 0 レビュー
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
blank

exy-2 博士

2014年からFXを開始。スキャルピングやデイトレードでの裁量取引から始めたが、なかなか思い通りに結果を出すことが出来ず苦戦。スイングトレードが自分に合っていると知る。 その中でEAでの自動売買とも出会う。様々なEAを利用する中で自分のロジックを形にしたいと考え、MT4やMQL4を学び、今もなおFXトレードと合わせて研究中。 自分の開発したEAで、多くの人に利益を出してもらいたいという夢と、FXを始めた頃の自分のようなトレーダーの方にブログを通して有益な情報を発信したいと思い、2019年にExy-2博士のブログを開設。

おすすめの人気記事ランキング

無料EAFX自動売買ツール一覧表紙 1

博士本FX研究所オリジナルの無料EA(FX自動売買システム)の一覧とそれぞれのEAの概要ページじゃ!バックテストやmyfxbookでの稼働状況や取引成績も公開中しておるぞ。 ご自身の気に入ったEAを是 ...

FX収支表を無料で公開!Windows・Mac・スマホでも確認可能(初心者でも収支分析や日記に活用しよう) 2

博士、FXで取引をする時に結果とかをまとめたいんだけどどうするのがいいかな~?ロボ2号 博士FXトレード日記を書くのはいいことなんじゃ。自分を制御することにも繋がるしの。そうじゃ 🙄 儂が日記で書いて ...

FXやEAでの自動売買初心者向けの使い方一覧 3

博士この記事では、FX自動売買の始め方・使い方から、FX全般で初心者にぜひ知っておいて欲しいことをまとめた記事の一覧を紹介するぞぃ。 目次1 FXを全くやったことがない初心者の方はFXを知ろう!2 F ...

スキャルピング順張りEA!新自動売買システム開発完成!メリット・デメリット紹介 4

博士できたぁーーーーー!!!! は、博士、急に大きな声出してどうしたんデスカ?ロボ1号 博士ふふふ!遂に新型のスキャルピング自動売買システムが出来たんじゃよ♪( ´▽`) そうなんですね!それは詳しく ...

-FX攻略情報
-, , , ,

© 2020 FX研究所~初心者でもできるチャート分析と自動売買EA~