【広告主の開示】当サイトの記事では、商品・サービスの紹介にアフィリエイトプログラムを利用しています。当サイトにある商品リンクには広告サービス提供のリンクがあります。記事で紹介した商品・サービスを購入すると、広告主から当サイトに報酬が支払われることがあります。 無料EA/ツール

FXのナンピン計算ツール(エクセル)公開。ゴールドEAの運用で活用

FXのナンピン計算ツール(エクセル)公開。ゴールドEAの運用で活用
ゴールドのナンピンマーチンゲールEAが流行っているけど、どのくらいまでナンピンが耐えられるのかいまいちわかりづらいよ。
ロボ2号
ロボ2号
ロボ1号
ロボ1号
なるほど、たしかにFX研究所内のEAも、どのくらいの資金の場合、どれだけ耐えられるかのイメージがつきづらいかもしれないですね。
Exy-2博士
Exy-2博士
ふむ。それでは、FXのナンピン計算ツールをExcelで作成したものを公開じゃ。

こんな方におすすめ

  • ナンピンマーチンゲールタイプのEAを使っている方
  • これから黄金ガーリックXなどのゴールドEA利用を考えている方
  • 裁量トレードをする時のトレード設計にナンピンを組み込もうと考えている方
  • ナンピン時の含み損のシュミレーションがしたい方

ナンピンは、古くから投資の世界で取り入れられているエントリー手法、資金管理手法の1つです。

有効といわれている反面、資金管理が難しいこともあり、どのくらいの資金があれば強制的にロスカットされずに生き残れるのか、などの把握がFX初心者には難しいところがあります。

今回は、一般的なナンピン手法をもとに、許容できるpips数などが一目でわかるようなExcel(エクセル)を作成しましたので無料公開いたします。

FX研究所で公開している人気EA「黄金ガーリックX」や、世間で公開されているゴールドEAなどを稼働する上での事前準備や、計画的なナンピン裁量トレードを行う際などに活用してください。

ナンピン計算ツール(エクセル)のダウンロード

以下のボタンをクリックして、ナンピン計算ツールをダウンロードしてください。

※Webページ上で計算結果を表示できるように作り込みを考えましたが、ちょっと計算が複雑のため、Excelで作成しています。

“Exy-2ナンピン計算ツールV1.03” をダウンロード

502406703d27952b2b113527f3d1c29a.zip – 218 回のダウンロード – 105.46 KB
ナンピン計算ツールのダウンロードパスワードは以下のLINEで聞いてください。
ロボ1号
ロボ1号

blank

更新情報

2024/4/21 V1.02に更新しました。

・ドル円の自動取得機能追加
・【裁量用】スタンダードシート追加
トレードロット、エントリー価格を手入力可能に作成
指定の価格まで保有した場合の利益目安を表示

ナンピン計算ツールの推奨環境

推奨動作環境

OS:Windows10以上

ソフト:Microsoft Office2016以降

作成と動作確認環境はWindows10 home、Microsoft Office 365です。
マクロなどは利用していませんが、Mac環境や旧バージョンのMicrosoft Office、WPS Officeをはじめとした表計算ソフトでは計算式がうまく動作しない可能性があります。※検証はしていませんのでご了承ください。動作しない場合などはOffice365などの無償版などを使ってみるなど、ご自身でご確認をお願いします。

 

ナンピン計算ツール(エクセル)の使い方

ダウンロードが終わったら、ナンピン計算ツールを起動します。

Excelシートは2つ準備しています。

XM Tradingでゴールドのトレードをされている方が多いので、いったんスタンダード(スタンダード/極/Zero口座)とマイクロのシートを作成しています。
ロボ1号
ロボ1号

FXのナンピン計算ツール(エクセル)公開。ゴールドEAの運用で活用_スタンダード1

ナンピン計算をするための基本情報入力

ご自身の利用している口座種別にあったシートを選択して、【基本情報】の白セル部分を入力していきます。

【基本情報入力項目】

  • 残高:MT4の残高を入力します。
  • クレジット:MT4のクレジット(ボーナス)を入力します。 ※残高とクレジットから、証拠金は自動計算
  • レバレッジ:FX口座に設定しているレバレッジを入力します。
  • 強制ロスカット証拠金維持率[%]:利用しているFX口座が強制ロスカットされる証拠金維持率を入力します。
  • 初期ロット:ナンピンの起点となるロット数を入力します。
  • ナンピン倍率:ナンピン倍率を入力します。
  • ナンピン幅[pips]:ナンピンを行う幅のpipsを入力します。
  • 全利確金額[円]:オープン中のトレード金額がいくらになったら全て利確するかの金額です。「最終ナンピン時の利確される目安価格」を確認する際に利用します。
  • 全利確%[%]:オープン中のトレード金額が証拠金の何%の金額になったら全て利確するかの金額です。
    ※「全利確金額[円]」と「全利確%[%]で算出された金額」の小さいほうが「最終ナンピン時の利確される目安価格」の計算に採用されます。
  • 初期エントリー価格:ナンピンの起点となるエントリー箇所の価格を入力します。
  • ドル/円価格:ドル円の価格を入力します。 ※ドルストレートの商品や通貨の場合、含み損計算や必要証拠金の計算に必要です。ご自身でクロス円の場合を確認したい場合は「100」と入力します。
    2024/4/21にMicrosoft Excelの機能でドル円の価格を自動取得するようにしました。手入力することも可能です。

取引通貨単位は、スタンダード/極/Zero口座の場合は100[Oz]、マイクロ口座の場合は1[Oz]です。

必要証拠金=初期エントリー価格*取引通貨単位*ロット/レバレッジ で自動計算されます。

基本情報を入力すると、【ナンピン状況】【ナンピン回数とナンピンエントリー時の含み損状態マトリックス】、買いエントリー許容pips/売りエントリー許容pipsが自動計算されます。

ナンピン状況の確認

ナンピン状況は、買いエントリーの場合、売りエントリーの場合で、初期エントリーを起点にしたナンピン回数ごとに、以下の値がそれぞれ表として表示されます。

Exy-2博士
Exy-2博士
スワップポイントやスプレッド、エントリー時のスリッページなどは加味していないため、大体の目安として活用してください。
  • トレードロット:ナンピン回数に合わせたトレードロットです。
  • エントリー時含み損合計:ナンピンが発生した時点で保有している含み損の合計です。【ナンピン回数とナンピンエントリー時の含み損状態マトリックス】を参照しています。
  • 買い/売りエントリー時の価格:ナンピン回数に合わせた、ナンピンを行う際のエントリー価格です。
  • 必要証拠金:ナンピン回数1つずつのロットに対して必要な証拠金です。
  • 必要証拠金合計:初期エントリーからナンピン回数までの必要証拠金を合計した金額です。
  • 有効証拠金:証拠金(残高+クレジット)からナンピン時点の含み損合計を引いた有効証拠金の金額です。
  • 証拠金維持率:ナンピン回数時点での証拠金維持率です。
  • 強制ロスカット判定:セーフ or ロスカット で表示されます。セーフの場合はナンピンが可能です。

ナンピン計算_ゴールドXMの場合のナンピン状況

「強制ロスカット判定」が赤色でロスカットになっている場合、ナンピンをする余力(証拠金)が足りないという判断になります。

最終ナンピン時の利確される目安金額

2024/1に「最終ナンピン時の利確される目安価格」が一覧で確認できるようにナンピン計算ツールの改修を行いました。

以下の図は「ナンピン回数が4回行われている時に、どこまで戻ったら全トレードが利確されるか」の確認方法です。

ナンピン回数4回目まで行われた時に全利確される目安価格の例2

入力した基本情報に合わせて、価格は変わってきます。

ナンピン回数4回目の時点で、全てのトレードロットの合計は①の0.31ロット(0.01+0.02+0.04+0.08+0.16)です。

ナンピン4回目エントリー時点での含み損である②の19,449円と全利確する金額③500円を足した金額を、①の0.31ロットで利益を出せる達成するための価格を計算して、「最終ナンピン時の利確される目安価格」に表示しています。

実際のトレードでは、スリッページ(エントリー時の値動き等の影響で、エントリー価格がずれること)やスワップポイントの兼ね合いもあるので、あくまでも参考値としてください。
ロボ1号
ロボ1号

FX口座の証拠金(残高+クレジット)をもとにしたナンピン許容pipsの確認

基本情報に入力した状況の場合、どれだけのpipsのナンピンに耐えられるかを一目で確認したい場合は、「買いエントリー許容pips」「売りエントリー許容pips」を確認してください。

FX口座の証拠金(残高+クレジット)をもとにしたナンピン許容pipsの確認

こちらの表示の場合、買いエントリー、売りエントリー共にエントリーした価格から160pipsまではナンピンが機能しますが、その次のナンピンまでは証拠金が維持できないという目安になります。

買い、売りによって、エントリー時の価格が変わってきますので必要証拠金が若干変動しますので、別々で表示するようにしています。
ロボ1号
ロボ1号

スプレッドの関係もありますので、実際は少し余裕を持って設計するのが良いかと思います。

ナンピン回数とナンピンエントリー時の含み損状態マトリックス

右下の【ナンピン回数とナンピンエントリー時の含み損状態マトリックス】表は、ナンピン回数を保有した際の、含み損の合計目安を表にしたものです。

ナンピン回数とナンピンエントリー時の含み損状態マトリックス

縦軸、横軸共にナンピン回数になっておりますが、横軸のナンピン回数の列に記載されているのが、各ナンピンポジションごとの含み損目安になっています。

ナンピン状況やエントリー許容pipsの算出にこの含み損状態マトリックスの結果を利用しています。
ロボ1号
ロボ1号

(追加機能)裁量取引用、変則ナンピンツール用のシート追加

利用しているトレーダーさんからのご意見を元に、2024/4/21に、裁量取引/変則ナンピンツール用の「【裁量用】スタンダード」シートを追加しました。

以下のように、白枠のトレードロット、買い/売りエントリー時の価格 に手入力することで、ナンピン状況の目安が確認できます。

追加ナンピン計算ツールの裁量用手入力シート

また、指定価格で利確せずに、手仕舞いのタイミングを自分で行いたい方のために、一番右側に「↑の価格まで保有した場合の利益目安」列を追加しています。

黄色のセルに、決済しようとしている価格を手入力いただくことで、その際の利益(損失)合計はどのくらいかを表示します。

FXのナンピン計算ツール(エクセル) まとめ

FXのナンピン計算ツールのExcel(エクセル)のダウンロードと利用方法について紹介しました。

まとめ

  • ナンピンマーチンゲール型のEAを使っている場合に、どのくらいのpipsまで許容できるかを確認が可能なExcelファイル
  • 全利確の目安も確認可能なので、自己流のEAカスタマイズを行う時の目安にも利用可能
  • 裁量トレードを行う際のナンピン手法を取り入れる場合にも利用可能
  • XM Tradingのスタンダード/極/Zero/マイクロ口座に対応、他FX会社でも基本情報を修正することで利用可能
ナンピンマーチンゲールタイプのゴールドEAを使う時にイメージをつけやすいかもね。
ロボ2号
ロボ2号
Exy-2博士
Exy-2博士
ナンピンマーチンゲールEAは、リターンも大きいがリスクはどうしても伴うものじゃ。その中で、利用前にイメージを湧かせる際などに活用してほしいの。

Exy-2 FX研究所は、FX自動売買で利用できるEAや、相場分析や裁量トレード用のインジケーター、修正を分析するための収支表などFXトレーダー向けに無料で公開しています。

以下のリンクボタンから確認できますので、FX取引に役立ててください。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
blank

exy-2 博士

2014年からFXを開始。スキャルピングやデイトレードでの裁量取引から始めたが、なかなか思い通りに結果を出すことが出来ず苦戦。スイングトレードが自分に合っていると知る。 その中でEAでの自動売買とも出会う。様々なEAを利用する中で自分のロジックを形にしたいと考え、MT4やMQL4を学び、今もなおFXトレードと合わせて研究中。 自分の開発したEAで、多くの人に利益を出してもらいたいという夢と、FXを始めた頃の自分のようなトレーダーの方にブログを通して有益な情報を発信したいと思い、2019年にExy-2博士のブログを開設。

-無料EA/ツール
-, , ,

blank