最新情報 2021/3/13更新

多数のFXトレーダーの意見を取り入れたカスタマイズEA公開中!
blank
Exy-2博士
サイト内から気になるFXアイテムを探すのが面倒じゃ!という方々向けにおすすめアイテムのまとめページはこちら。

FX自動売買(EA)

【FX自動売買決定版】全損切・全利確・ナンピン・マーチン・時間制限等自由自在EA!「Robo-Destroy-Final」追加機能紹介

【自動売買決定版】全損切・全利確・ナンピン・マーチン・時間制限等自由自在の自動売買!「Robo-Destroy-Final」追加機能紹介
blank
Exy-2博士
公開にかなり時間がかかったが、FX研究所で公開中のEA、「Robo-Destroy」の追加機能を搭載したRobo-Destroy Finalが出来た。
今日は新たに追加された機能について紹介シマス。また、すでに正式版を利用している方は先行して利用いただけるようにしようと思いマス!
blank
ロボ1号

こんな方におすすめ

  • MT4での自動売買、EAで自由度が高いものを探している方
  • すでにRobo-Destroyを利用しているが、更に色々とカスタマイズをしたい方
  • 全損切のEA、全利確EA、マーチンゲール、時間制限など色々な条件をバックテストなどで試したい方

本Robo-Destroy-finalは、設定が変更できるパラメーターが多いです。

その為、ある程度ご自身で内容を理解して利用することをおすすめします。

ご自身でカスタマイズした設定が噛み合わない場合など、当然ですが予期せぬ損失に繋がる可能性がありますので、デモ口座やバックテストで十分確認の上ご利用ください。

※EA初心者の方は、まずRobo-Destroyの方を使ってみるのがいいかと思います。後々、変更可能なパラメータを減らした簡易版も作成予定です。

デモ版のダウンロードは本ページの一番下に公開しています。まとめに本EAを作った際の思いも少し記載してしまいましたので、よかったらご一読いただけたら幸いです。

ベースとなるEAはExy-2 Robo-Destroy

自動売買利用での基本的な注意事項や特徴は、Robo-Destroyと同様と思ってください。

finalの初期設定は、Robo-Destroyの初期設定と同等にしています。

finalのダウンロードページなど正式版は別途作成予定ですが、Robo-Destroyのページをまだご覧担ったことがない場合、特に注意事項の部分は事前に確認をお願いします。

各機能の切り替えもできるようにしているので、全く違った性質のEAとして利用することも可能になります。

以下から、追加・変更機能の紹介です。

EA追加機能①全利確モード、全損切りモード

blank
Exy-2博士
従来、全決済モードが必ず有効になっていたが、ON/OFF切り替えができるようにしたぞ。

また、稼働しているMT4 IDの口座で他のEAや手動トレード等がある場合等、すべてのオープン中のトレード利益合計が条件を満たしたら全決済されていました。

今回のfinalは、動かしているfinalの通貨ペア、同一マジックナンバーのトレードのみが全利確・全損切りされるように修正しています。

全利確モード

従来のRobo-Destroyに搭載していた全決済モードにON/OFF機能を追加。

パラメータの名称を「全決済モード」→「全利確モード」に変更しています。※パラメータ詳細はRobo-Destroyページ

EAの追加機能全利確モード

根本的に、現在のRobo-Destroyの大きな特徴である、ロボ追撃モード(ナンピン・マーチンゲール)で利用する場合、全利確モードはtrueで利用を推奨します。

全利確モードをfalseにして、後ほど紹介する機能などと組み合わせて、単品で利用するEAとしても利用デキマスネ!
blank
ロボ1号

全損切モード

こちらは、希望があって搭載した機能です。初期設定はfalse(無効)にしています。

EAの追加機能全損切りモード

EAでトレードをしている損失合計が「全損切%(口座残高のX%)」または「全損切金額」になった場合、現在のトレードをすべて損切り決済します。

今までは、損切りされる時=口座内の資金がすべて飛んでしまう。という100か0かのみの使用でしたが、安全装置的な使い方はできるかもしれません。

ロボ追撃モードは、損切りをあえてなくして攻めることで右肩上がりを実現しているので、この設定はなかなか難しいところがあるので、使う場合は注意デス!
blank
ロボ1号

EA追加機能②初回トレードの時間制限

これは、初回トレード条件に時間制限をかけるという項目です。

EA追加機能②初回トレードの時間制限

こちらも初期設定は無効(false)にしています。

稼働時間は全てMT4時間の為、利用するFX会社に合わせて考える必要があります。

また、23:00~02:00など、日付をまたいだ設定が出来ないところは注意です。

設定例①

XM Trading(冬時間はGMT+2で日本時間との時差は7時間、夏時間となりますとGMT+3で日本時間との時差は6時間)で利用。

日本時間09:00~15:00、18:00~21:30までだけ初回エントリーしたい場合

EA追加機能②初回トレードの時間制限設定例

設定例②

XM Trading(冬時間はGMT+2で日本時間との時差は7時間、夏時間となりますとGMT+3で日本時間との時差は6時間)で利用。

日本時間05:00~09:00、18:00~21:30までだけ初回エントリーしたい場合

EA追加機能②初回トレードの時間制限設定例_日付をまたぐ場合

 

EA追加機能③最終トレード開始時間からのインターバル(分)※初回エントリーのみ

これは、初回エントリーのみに適用されるので、主に単発系EAとして利用する際に関係してくる機能です。

EA追加機能最終トレード開始時間からのインターバル(分)

初期設定は「0.0」にしているため無効になっています。

例えば、RSIを条件にしているときなど、連続して条件を満たし続けるケースなどデスネ。
blank
ロボ1号

その場合、短期間でたくさんのトレードをすることになりますが、それを抑えたい。ある程度エントリータイミングの間隔を空けたい時に利用します。

トレードの間隔を60分空けたい時は、「60.0」と入れればいいってことだね。
blank
ロボ2号

 

EA追加機能④時間決済モード、〇〇分後に決済する機能

次に追加したEA新機能は、時間決済モードです。

EA追加機能時間決済モード

blank
Exy-2博士
時間決済モードは、トレードを開始したら○○分に強制的に決済するという機能じゃ。初期設定は無効にしてあるぞ。

この機能は、ロボ追撃モード(ナンピン・マーチンゲール)利用時には安全装置として、単発EAとして利用する場合は、バイナリーオプション的な利用も可能となる機能です。

スキャルピングに利用したり、長期足で利用することも可能なので、ご自身の方針で色々と試してみれそうデスネ!
blank
ロボ1号

EA追加機能⑤初回トレードのエントリーロジック組み合わせ可能に!

従来のExy-2 Robo-Destroy EAは、以下の2つの人気インジケータを組み合わせて初回のエントリー条件を決定をしていました。

参考 従来のRobo-Destoryのエントリーロジック

  1. RSIの売られすぎ・買われすぎラインを超えているかどうか
  2. ボリンジャーバンドの偏差内にローソク足があるかどうか

今回のRobo-Destroy finalは、新たに、ストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロス、移動平均線との位置関係、ADXという要素を取り入れて、好きなロジックを組み合わせられるようにしています。

Robo-Destroyのエントリーロジックは組合せ可能!

以下の6つの条件を、それぞれ有効・無効にして組合せて利用します!※必ずどれかは有効にしていないと動作しません。

  1. RSIの売られすぎ・買われすぎラインを超えているかどうか
  2. ボリンジャーバンドの偏差内にローソク足があるかどうか
  3. 移動平均線1よりもローソク足が上(下)にあるかどうか new!
  4. 移動平均線2よりもローソク足が上(下)にあるかどうか new!
  5. ストキャスティクスがある一定以上(以下)、かつ緑の「%K線」と赤の「%D線」がデッドクロス(ゴールデンクロス)になった時 new!
  6. ADXがある一定の数字以上(以内)である時 new!
項目が増えて、少し難しくなったような気がしますが、ご自身の好きなものだけ有効にして使うイメージデス。
blank
ロボ1号
blank
Exy-2博士
全部を有効にして絞り込むと、トレード回数は減っていく。バランスが大事じゃな。

今回EAに新たに追加した機能のみ紹介していきます。

移動平均線1・2よりもローソク足が上(下)にあるかどうか

追加のエントリーロジックは、移動平均線との位置関係です。

複数の移動平均線を利用したい方の為に、移動平均線(MA)1と移動平均線(MA)2でそれぞれの有効・無効、各パラメータを変更できるようにしています。

EAエントリーロジック新機能_移動平均線1・2よりもローソク足が上(下)にあるかどうか

blank
Exy-2博士
純粋な位置関係の為、移動平均線1よりローソク足が上にある時だけ買い(long)エントリーしたい。などで使うイメージじゃな。

各パラメータ

  • ■移動平均線(MA) true=有効 false=無効 初期値:false
    移動平均線(MA)1、及び2をエントリーロジックに利用するか、利用しないかを設定します。
  • ローソク足終値とMAの位置関係 true=順張り false=逆張り
    true:移動平均線よりローソク足が上の時だけ、買いエントリー。移動平均線よりローソク足が下の時だけ、売りエントリー。
    false:移動平均線よりローソク足が下の時だけ、買いエントリー。移動平均線よりローソク足が上の時だけ、売りエントリー。
  • MA1周期 初期値:21
    移動平均線の周期です。〇〇日移動平均線。直近の利用するローソク足の本数です。
  • MA1の種類 SMA:0,EMA:1,SMMA:2,LWMA:3 初期値:0
    利用する移動平均線の種類です。SMA=単純移動平均線、EMA=指数平滑移動平均線、SMMA=平滑移動平均線、LWMA=線形加重移動平均線

EAを入れているチャート上の足(5分足、15分足、1時間足など)の移動平均線が利用されます。

blank
Exy-2博士
移動平均線だけを条件にすると、条件を満たしている状況が多すぎるから他の条件としっかり組み合わせることをおすすめする。

ストキャスティクスがある一定以上(以下)、かつ緑の「%D線」と赤の「%SD線」がデッドクロス(ゴールデンクロス)になった時

ストキャスティクスをエントリーロジックで利用する場合、1つの目安となる「%D」と「%SD」のゴールデンクロス・デッドクロスが発生した際にエントリーするというロジックです。

EA追加機能エントリーロジック_ストキャスティクスがある一定以上(以下)、かつ緑の「%D線」と赤の「%SD線」がデッドクロス(ゴールデンクロス)になった時

エントリーポイント

  • 売りトレード条件:「UPLevelを%K・%Dが超えている」+「%Kが%Dを下抜いた時」
  • 買いトレード条件:「DownLevelを%K・%Dが下回っている」+「%Kが%Dを上抜いた時」

単体で利用した時のエントリーイメージは以下のような形です。

ストキャスティクスがある一定以上(以下)、かつ緑の「%D線」と赤の「%SD線」がデッドクロス(ゴールデンクロス)になった時

UpLevelを少なく、DownLevelを大きくすることで、エントリーの頻度は大きくナリマス。
blank
ロボ1号

 

ADXがある一定の数字以上(以内)である時

ADX(Average Directional Movement Index)は、MT4にデフォルトで入っているオシレーター系のインジケーターで、「相場のトレンドの強さ・勢い」を数字にしたものです。

1つのトレンドを図る材料として使われていることもあるようなのと、EAに組み込みやすいことから今回採用しました。

ADXがある一定の数字以上(以内)である時

各パラメータ

  • ■ADX true=有効 false=無効 初期値:false
    ADXをエントリーロジックに利用するか、利用しないかを設定します。
  • ADX値 true=以上(トレンド) false=以下(レンジ) 初期値:true
    true:ADX値が○○以上の場合のみ、エントリーする。 ※トレンド
    false:ADX値が○○以下の場合のみ、エントリーする。 ※レンジ
  • ADX値(値以上or以下の場合エントリー) 初期値:30
    ADXの値

(参考)MT4インジケーターADXの値について

ADXは、20や30を超えるとトレンドが発生しているという判断をする場合、ADXの数値が上昇傾向だとトレンドという判断をする場合など、トレーダーによって使い方は様々です。

今回は、ADXの数字が超えているか・下回っているかのみを条件としています。初期値は30です。

以下は、ADXが30の場合のチャートと、ADXの状況です。

MT4インジケーターADXの値について_ADXが30以上の例

ADXはMT4初期設定で入れると、上記の紫色の線になります。

上記の、青い点線で囲んでいるところが、ADX値をtrueで利用した場合にトレードする場合の条件。

反対に囲んで居ないところは、ADX値をfalseで利用した場合のトレード条件になります。

blank
Exy-2博士
あくまで目安じゃが、ある程度トレンドが出ている状況でのみ利用したい場合は、ADX値をtrue。レンジ内で細かくスキャルピングしたいなどの場合はADX値をfalseにするなどで利用できるかのう。

Robo-Destroy finalのデモ利用EAのダウンロード

現状、色々と動作確認を行っていますが、最終調整中になっています。

以下がデモ口座でのみ利用可能なRobo-DestoryのEAデータです。

“Exy-2 Robo-Destroy finalデモ版” をダウンロード exy-2_robodestroy_final_demo.zip – 78 回のダウンロード – 48 KB

ダウンロード用のパスワードを設定しています。

各種パラメータが複雑であることやある程度理解がある方のみに利用してほしいところもあるので、パスワードについてはメール・LINEで個別にご相談クダサイ。
blank
ロボ1号

不具合などもしあれば、教えていただけたら助かります。

まとめ

Robo-Destroy finalの追加機能の説明、デモで利用可能なダウンロードについてご案内しました。

「Robo-Destroy-Final」追加機能紹介のまとめ

  • 自動売買新機能「全利確モード」「全決済モード」「最終トレード開始からのインターバル設定」「時間決済モード」「初回トレードエントリーロジックを自由に組合せ」が追加!
  • ロボ追撃モード(ナンピン・マーチンゲール)だけでなく、単発のEAとしても利用可能な自分好みに仕上げるEAに。
  • 設定をある程度自分好みにカスタマイズする形なので、EAをある程度知っている方や真剣にご自身でも勉強されている方向け!

FXトレーダーの皆さんからのアンケート結果や、おためし版Robo-Destroyダウンロードは以下の記事を確認してください。

 

Robo-Destroy EAの改良と公開にあたる思いと御礼

Robo-Destroy EAの改良と公開にあたる思いと御礼

今回のRobo-Destroy finalは、色々なトレーダーの皆さんからのご意見も取り入れ改良を重ねたEAです。

その為、正直FXや自動売買初心者にとっては難しく感じるようなEAに仕上がっているかもしれません。

今後も動かしていればある程度の成果が見込めるようなEAを作っていきたいと思っていますので、シンプルなEAはまたお楽しみにしてください。

 

とはいえ、FXで裁量トレードをしていく上でも、より自分にあったEAを選択していく上でも

ある程度ベースとなる知識はどうしても必要で、それを実践のトレードを通して身につけていくのが理想です。

 

今回のRobo-Destory finalについて、私自身がEAを作っていく、FXでトレードをしてきた中で

「こんなものがあったら良いのに・・・」

「いろんなトレード条件を試してみたい・・・」

と考えて、MQL4というプログラムを独学で勉強し作ってみたものです。

なので、荒削りな部分があることについてはご容赦いただければと思います。

 

メンタル崩壊により、大きく損失を出して後悔した日。

機械的にトレードしていればなんとかなったのではないか。

自分のエントリー方向と逆に進み続けるチャートが気になって気になって眠れない夜もありました。

FXをやめようと考えた時は何度もあります。

そんな思いや経験をバネに作成した、賛否両論がある高リスクのナンピン・マーチンゲール機能付きの愛着のあるEAです。

以下は昨年9月からゴゴジャンでデモ口座の運用結果を公開中のかなりハイリスク調整したものです。

blank2回強制ロスカットにあっていますが、稼働から半年で初期の資金を大きく超えた荒波設定です。(0か100か設定。詳細は上記ゴゴジャンReal Tradeへ)

FXでトレードをして、悔しい思い・歯がゆい思いをしてきたトレーダーの方は知る限りでも多く、

勝ち組と言われているほとんどのトレーダーの方でもそのような経験をされているはずです。

 

「投資の本質」について色々なご意見があるのは承知の上ですが、

1つのEAの形ということで作成したこの「Exy-2 Robo-Destroy Final」が

FX初心者・初めての自動売買の方・EA玄人の方・FXの達人など、皆様のFX・自動売買に対する挑戦の中で1つの良い刺激になれば何よりです。

 

合わせて、Exy-2 FX研究所のブログ記事やEAをいつもご利用いただいているトレーダーの皆さんに改めて御礼を言わせていただきます。

トレーダーの皆様からの

「EAを利用してよかった」

「Exy-2 FX研究所の記事を読んでとても勉強になりました」

「相場分析の考え方の参考となります」

「こんな収支表が欲しかったんです!」

など、温かい応援メッセージをいただくことが、どれだけ支えとなっているかわかりません。

本当にありがとうございます。

 

FXの先に目指すものはそれぞれ異なりますが、FXで何かを成し遂げたいと考えている同志として、

今後もExy-2 FX研究所は皆様の役に立つ記事やコンテンツ、自動売買EAやインジケーター、役立ちツールなどを更新していこうと考えています。

作りたいものを作るスタンスではありますが、皆様と一緒に成長していけるようなブログを目指していますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
blank

exy-2 博士

2014年からFXを開始。スキャルピングやデイトレードでの裁量取引から始めたが、なかなか思い通りに結果を出すことが出来ず苦戦。スイングトレードが自分に合っていると知る。 その中でEAでの自動売買とも出会う。様々なEAを利用する中で自分のロジックを形にしたいと考え、MT4やMQL4を学び、今もなおFXトレードと合わせて研究中。 自分の開発したEAで、多くの人に利益を出してもらいたいという夢と、FXを始めた頃の自分のようなトレーダーの方にブログを通して有益な情報を発信したいと思い、2019年にExy-2博士のブログを開設。

-FX自動売買(EA)
-, ,

© 2021 FX研究所~初心者でもできるチャート分析と自動売買EA~