MT4/環境/トラブル対応

FX初心者におすすめのPCはノートパソコンで決まり!?選び方とメリット・デメリット【2022年】

FX初心者におすすめのパソコンはノートパソコンで決まり!?メリットとデメリット
博士~、FX初心者はどんなパソコンを選べばいいの?
blank
ロボ2号
blank
Exy-2博士
すでにパソコンを持っているかどうかによるが、1台も持っていない場合はWindowsのノートパソコンで決まりじゃな!選び方、メリット、デメリットや理由、おすすめの性能・スペックなどを説明していこう。
デイトレでもスキャルピングでも自動売買でも、ある程度真剣にFXをする場合はPCはあったほうがいいデスネ!
blank
ロボ1号

こんな方におすすめ

  • FXをこれから始めようと思っている方
  • FX自動売買をしたいがパソコン選びに迷っている方
  • パソコンを買い替えようと思っているが、デスクトップPCかノートPCどちらにしようか考えている方

最初に結論を伝えますと、FX初心者でこれから1台目のパソコン購入を考えている場合は、WindowsOSのノートパソコンをおすすめします。

1台目のパソコンを探しているということは、恐らくパソコンのヘビーユーザーではないということかと思います。

そのあたりを踏まえて紹介していきます。

FXでノートパソコンを利用するメリット・デメリット

ノートパソコンがFX初心者に向いている理由は、メリットがデメリットを大きく上回っているからです。

それぞれのメリットとデメリットを比較していきましょう。
blank
ロボ1号

FXでノートパソコンを利用する7つのメリット

FXでノートパソコンを利用するメリット、というかFXトレーダーとしてノートパソコンを使うメリットは以下の7点です。

MacBook好きの方もいるかと思いますが、FX用途として購入するのであればWindowsのパソコンを選びましょう。

個人でFXをするうえでMT4(メタトレーダー4)を利用することは避けて通れませんが、こちらは元々Windows用ソフトの為、Macの場合は一部利用に制限があり、初期設定が難しかったりシマス。
blank
ロボ1号

WindowsノートPCを利用するメリット

  • 持ち運びが容易で外出先でも利用できる
  • 家の中での利用場所も選ばない
  • ケーブル接続など難しい初期設定が不要
  • コンパクトで省スペースになる
  • バッテリを搭載している為、停電等でもいきなり電源が落ちることはない
  • モニターを別で準備しなくてもよい
  • 最近のPCは性能が良いのでFX以外の用途にも利用できる

スマホやタブレットもどんどん性能が上がっている時代。ノートパソコンも同じく性能が大きく上がっています。

FXをするうえで特に、バッテリ搭載している為パソコンが突然落ちるリスクがないというのは大きいです。

blank
Exy-2博士
デスクトップパソコンやサーバ機器は、UPSという外付けのバッテリ装置のようなものをつけなければならないんじゃな。そういう意味では、ノートパソコンは手軽かつ安全性が高いといえるわけじゃ。

その側面から、後述するFX自動売買(EA)専用ノートパソコンとして利用するという人も増えています。

トレード最中や、EAが稼働しているところでMT4が落ちてしまうと困りますからネ。環境に対する耐障害性が高いのはいいです!
blank
ロボ1号

FXでノートパソコンを利用する4つのデメリット

逆にFXでノートパソコンを利用するデメリットも紹介します。

blank
Exy-2博士
デメリットというか、デスクトップPCと比較して劣っているところという部分じゃな。

WindowsノートPCを利用するデメリット

  • 単純な性能はデスクトップPCのほうが上のことが多い(同一価格帯の場合)
  • 画面が大きくない
  • 中の部品を交換などで性能アップが難しい
  • 動画編集などCPU負荷の高い作業をする場合に性能が追い付かないことがある

いずれもこだわりがある人にとってのデメリットといえるかもしれません。特に、画面についてはどうしてもデスクトップと比べると小さくなってしまいます。複数のチャートを並べて表示するのは不向きですので、運用の仕方でカバーする必要があります。

今のパソコンはどれも性能が高いので、MT4でFXをするうえではノートパソコンで十分デスネ!10年前くらいのパソコンも安くで中古市場に出回っていますが、FX自動売買用として利用している人も多いはずデス。
blank
ロボ1号
blank
Exy-2博士
画面についても、Amazonなどでディスプレイのみでかなり安くなっておるからの。逆に家にいる時はディスプレイを繋いでデュアルディスプレイとして利用するだけでもトレーダーとしてワンランク上になった感覚になれるかもしれんのぅ。

FX用ノートパソコンのおすすめ性能・スペック

FXで利用するうえでのノートパソコンのおすすめ性能・スペック

パソコンでFXをする場合、MT4でチャートを見ながらチャート分析をすることになります。

MT4はそこまで重たくはないので、最低限のスペックでも問題ありませんが、EAはものによって処理を多くすることもありますので、以下の環境以上のパソコンがいいかと思います。

FXで利用するノートPCの推奨環境

OSはWindows10以降、CPU:Intel core i5 or Ryzen5以上、メモリ:4GB以上 記憶領域:SSD 記憶領域容量:64GB以上 ディスプレイサイズ:12インチ以上 推奨

SSDとかHDDのデータの容量は64GBでいいんだ!
blank
ロボ2号
blank
Exy-2博士
容量が大きい方が普段使いにはいいが、予算次第じゃろうな。最低でも64GB、長く使うことを考えると256GBはあったほうがいいのぅ。動作スピードを重視するならSSD一択じゃ。

小型のパソコンは持ち運びの際に便利でもありますが、性能的に良くなかったり何より画面が小さいことが不便に感じるシーンが多くなるはずです。

12インチ以上のディスプレイのパソコンを選ぶのがいいでしょう。

後々ディスプレイを外付けしたくなったりすることを考えると、HDMIポートやディスプレイポートがあるパソコンのほうがいいかもしれません。
blank
ロボ1号

FXだけではなく、その他のシーンでも利用するのであれば、その用途に合ったパソコンを選択するといいでしょう。

また、CPUはi5やRyzen5であっても、○○世代など出た時期によって性能が変わってきますのであくまでも目安です。中古ノートパソコンでも、i5やRyzen5以上であればFXをする上での動作は問題ないでしょう。逆に、新品ノートパソコンの場合はi3などの安価なローエンドモデルでも十分に動作すると言えます。

FX初心者用ノートパソコンのおすすめ機種と選び方

FX初心者がノートパソコンを選ぶうえで、大きく以下2点の軸で考えます。

  • 新品のノートパソコンを購入
  • 中古のノートパソコンを購入

新品の場合は5万円~20万円ほど、中古の場合は3万円~7万円ほどが予算の目安になります。

当然新品のノートパソコンのほうが値段は高いですが、利用用途によっては新品を購入したほうがよい場合があります。

また、下手な中古PCを買うのであれば、新品で安価なノートパソコンのほうが優秀というケースもあります。先程紹介したスペックをベースに、新品と中古それぞれのケースごとに見ていきましょう。

FX初心者用ノートパソコンを新品で購入する場合

FX初心者用ノートパソコンを新品で購入する場合のおすすめ機種と、どんな方におすすめかを紹介していきます。

タブレット利用、外出利用や持ち運びでの軽さ重視

MicrosoftのSurface Pro7(サーフェスプロ)

マイクロソフト|Microsoft Surface Pro 7 プラチナ [12.3型 /Windows10 Home /intel Core i5 /メモリ:8GB /SSD:256GB] PUV-00014[タブレット 本体 12インチ][PUV00014]【rb_winupg】

軽量で高性能ですが比較的安価で購入できるノートパソコンです。

タブレットとしても利用する機会がある方、持ち運びをしてできるだけ軽いほうがいい方などにおすすめします。

人により、使っているうちに普通のノートパソコンのほうがよかったかもと思うタイミングはあるかもしれませんが、軽量というのはかなりメリットです。

キーボードはオプションになっているのですがお洒落な柄もあります。私はSurface好きデス♪
blank
ロボ1号

タブレット型の為、USBポートやディスプレイポートが少ないのが欠点です。将来的に自宅で据え置いて拡張ディスプレイを繋ぐ場合は、以下のような拡張ドックを使うと便利です。

HP ENVY x360(エンヴィ)

HPのENVYもタブレットとして利用可能な軽量ノートパソコンです。

こちらはキーボードの角度を変更することができ、「ノートブックモード」「タブレットモード」「スタンドモード」「テントモード」「フラットモード」の5つのモードに切り替えて使えます。

家の中の色々な場所でパソコンを利用する主婦の方や、タブレットペンでイラストを書くことがある肩などにおすすめです。

デザインも上品で私好みデス。

【大容量16GBメモリ/360°回転/Wi-Fi6/Win11】HP ノートパソコン ENVY x360 Windows11 Home AMD Ryzen 5 5500U メモリ 16GB SSD 512GB 15.6型 IPSタッチパネル 指紋認証 テンキー付日本語キーボード Webカメラ ナイトフォールブラック 49P26PA#ABJ

性能と使いやすさを重視

Microsoft Surface Laptop4

Surface Laptopは家での利用がメインの方にもおすすめできる、最もバランスがいいウルトラブックタイプ(薄型)のノートパソコンです。

タブレット型と比べてディスプレイサイズが13.5インチと大きく、MT4のチャートを見るのに便利です。ウルトラブックタイプなので持ち運びも問題ないでしょう。

電車移動が多く、膝の上で操作をすることが多い方でも、ディスプレイのつなぎ目がしっかりしているので画面が倒れたりせずに安定して操作ができます。
また、Microsoft Officeがついているということもあり、ワードやエクセル、パワーポイントを利用する方にもおすすめです。

おすすめのノートPCはLaptop4ですが、比較のためにLaptop Go2、Surface go3のリンクも紹介します。

Surface Laptop Go2は安価で軽量、ディスプレイは12.4インチになっています。

Surface go3になると、ディスプレイが10.5インチでタッチパネル付きになりますが、かなり小さく感じると思います。MT4でのチャート分析をするとなると少し不便ですが、それよりも持ち運びを優先する場合は選択肢の1つにしてもいいかもしれません。

Dell nspiron 15 3000

家で利用するのみでノートパソコンを使う場合は、ディスプレイサイズが15.6インチのDell nspiron 15 3000や17インチ以上の大画面PCも選択肢の1つです。

少しでも安くて性能の高いノートパソコンにしたい方、持ち運びをする機会がない方におすすめです。

15.6インチ以上ノートパソコンは重い為、持ち運びをする場合はSurfacePROなどタブレット型や、SurfaceLaptopウルトラブックなどのモバイルノートパソコンにしましょう。
blank
ロボ1号

新品で価格重視

最近は、5万円前後の安価な価格で新品のノートパソコンの購入が可能です。

FXのトレードがメインで、youtubeやインターネット検索など最低限の機能が利用できればいい方におすすめです。

ドスパラThirdWaveノートパソコン

中でも、中古パソコンやパーツ販売で有名なドスパラのオリジナルブランド「THIRDWAVE」は、も安価で新品の購入が可能ですので、特にメーカーなどこだわりがなければ選択肢の1つに入れてもよいかもしれません。ゲーミングデスクトップPCの「GALLERIA」も安価で高性能なので人気ですね。

blank
Exy-2博士
個人的には、ノートパソコンを使うのであれば持ち運びができるタイプがいいとも思うので、12~14インチの中で探すのがいいと思うぞ。
SSDのほうが少し値段が上がりますが、故障はしづらいですしHDDと比べてスピードが全然違いますので断然SSDをおすすめシマス!
blank
ロボ1号
blank
Exy-2博士
あとは、最新のモデルではなく1世代前のPCのほうがコスパがいいこともあるぞ。

FX初心者用ノートパソコンを中古で購入する場合

中古ノートパソコンは、中古デスクトップパソコンと比べて劣化具合にばらつきがあります。

中古ノートパソコン購入時は予め理解しておいたほうがいいでしょう。

持ち歩いたり色々な環境下で使ったり、落としたり、汚したり…前のパソコン使用者次第で状態が全然変わってくるってことだよね。
blank
ロボ2号

根本的に、潔癖症や繊細な方はノートパソコンは新品で買ったほうがいいかもしれません。

価格が同じPCでも、当たり外れが合ったりすることも。紹介するジャンクワールドなどはある程度安定している印象デス。
blank
ロボ1号

中古ノートパソコンのメリットは、新品に比べて安くコスパが良いことです。ある程度MT4の操作になれるためのFX専用PCとして使う場合はまず中古PCを購入し、利益を出せるようになってから新品のPCを購入検討してもいいですね。

中古ノートパソコンの製造年月日またはCPUの世代を確認

中古ノートパソコンを購入する際、どのくらいの時期に販売されたかを製造年月日やCPUの世代から確認するといいでしょう。

CPUはi5でメモリが8GB以上でSSD搭載だとしても、10年以上前の機種だったりすると他の部品が古い為、思っていたような性能がでない可能性も出てきます。
blank
ロボ1号

以下はintelのCore i3、i5、i7のCPUを利用している場合の世代の見分け方です。現在中古市場に出回っているであろう時期のものを紹介しますので見分け方を記載します。

世代販売開始日見分け方
第4世代2013年6月2日Core i7, Core i5, Core i3の
後ろの先頭の数字が4
Core i5-4XXXX
新第4世代2014年5月11日Core i7, Core i5, Core i3の
後ろの先頭の数字が4
Core i5-4XXXX
第5世代2015年6月18日Core i7, Core i5, Core i3の
後ろの先頭の数字が5
Core i5-5XXXX
第6世代2015年8月7日Core i7, Core i5, Core i3の
後ろの先頭の数字が6
Core i5-6XXXX
第7世代2017年1月6日Core i7, Core i5, Core i3の
後ろの先頭の数字が7
Core i5-7XXXX
第8世代2017年11月2日Core i7, Core i5, Core i3の
後ろの先頭の数字が8
Core i5-8XXXX
第9世代2018年10月20日Core i7, Core i5, Core i3の
後ろの先頭の数字が9
Core i5-9XXXX
第10世代2020年4月30日Core i7, Core i5, Core i3の
後ろの先頭の数字が10
Core i5-10XXXX
第11世代2021年3月30日Core i7, Core i5, Core i3の
後ろの先頭の数字が11
Core i5-11XXXX
第12世代2021年11月4日Core i7, Core i5, Core i3の
後ろの先頭の数字が12
Core i5-12XXXX
第13世代2022年10月20日Core i7, Core i5, Core i3の
後ろの先頭の数字が13
Core i5-13XXXX
blank
Exy-2博士
2022年時点の場合、出来れば第7世代以降のパソコンを選べるといいかのう。

激安中古パソコンショップ JUNKWORLD(ジャンクワールド)で探す

おすすめの中古パソコンショップ「JUNKWORLD(ジャンクワールド)」は比較的状態の良いパソコンが安価で販売されている印象です。

サポートもしっかりしていて何かあった時の対応も良いことや、取り扱っているパソコン数も豊富のため、中古で何とか安いノートパソコンを探したいという方にはおすすめです。

中古のノートパソコンを購入するならジャンクワールドがおすすめ

安いものは1万円未満で売ってイマス。EA用の2台目としての選択肢としても利用できそうデスネ。
blank
ロボ1号
トップページの検索ウィンドウでノートパソコンを検索

トップページに検索ウィンドウがありますので、探しているノートパソコンのスペックを入力することでいくつか候補を調べることができます。

ノートパソコンを予算30,000円で入手したい。CPUはi5の第7世代、メモリ8GB、SSDの256GBの容量で探してみよう。

キーワードで検索:i5 ssd 8GB 256GB 7
カテゴリーを選択:ノートパソコン
価格を指定:上限に30,000

を入力して検索します。

中古ノートパソコンをジャンクワールドで検索

すると、検索結果が48点ヒットしました。

ジャンクワールドの検索結果

検索結果から条件が良さそうなものを見つけて、状態や詳細を確認するという形ですね。

例えば今回であれば以下のようなパソコンが見つかりました。予算内ですし性能も問題なし。

中古ノートパソコンをジャンクワールドで検索して出てきたレッツノート

というような流れで、掘り出し物を探してみるもの1つです。

Amazonなどで中古PCを探す(初心者にはあまりお勧めできない)

amazonや楽天などでも、「A5ノートPC」「中古」などで検索すると色々とノートパソコンが出てきます。

ただし、金額比較等初心者には難しく、状態もなんとも言えない場合がありますので、割高なものを購入することになりがちです。(もちろん、良いお店もあるはずです。)

個人的にはあまりおすすめはできません。

秋葉原などのパソコン中古店に実際に行って状態を見て購入する

秋葉原などに実際訪問ができる場合は、パソコン工房、ドスパラ、じゃんぱら、ソフマップなど、有名な中古パソコン店でノートパソコンの状態を見て購入するのがよいでしょう。

blank
Exy-2博士
ネット購入では見つけられないような傷などが事前に見れたりできるから、買って後悔するケースは少ないな。

FX自動売買でもノートパソコンは使うことが可能

将来的に、パソコンが古くなってきたので買い替えたい。

となった時でも、ノートパソコンであれば後々FX自動売買でEAを動かす用として、セカンドPCで活躍できます。

デスクトップパソコンでももちろん数年は使えますし性能は良いのですが、家で動かす時に場所をとったりすることを考えると、ノートパソコンのほうが何かと便利だったりシマス。
blank
ロボ1号

特に、色々なEAを使いたい・試したいという方にとって、それらをすべてVPSで動かすというのもなかなかスペックが難しくなりがちです。

ノートパソコンをうまく活用できると、FXの幅が少し広がるといえるでしょう。

ノートパソコンでFX自動売買(EA)をする時の設定

ノートパソコンはバッテリを搭載しているのでFX自動売買でEAを動かすことにも向いています。

blank
Exy-2博士
とはいえ、基本的には平日24時間365日動かすことになるから、外に持ち歩くノートパソコン上で動かすのはおすすめできんな。

月額でVPSをレンタルするのが一番良いのですが、試しにEAを動かしてみたい、セカンドPCにしたい、これからFXで自動売買をしてみようと思っている方向けで、家に置いているノートPCのおすすめ設定を6点紹介します。

ノートパソコンでMT4、EAを使ってFX自動売買する場合におすすめの設定

  1. MT4、EAの設定
  2. Windowsスリープモードの解除
  3. ディスプレイを閉じた時でも動作するように設定を変更
  4. Windowsアップデートがかかった時に勝手に再起動しないようにする
  5. Windows起動時にEAをセットしているMT4が自動起動するように設定する
  6. 外出先からリモートで動作確認したい場合、AnyDeskやTeamViewerなどリモートソフトをインストール

それぞれの設定方法や詳細については、こちらの記事で紹介していますので確認してください。

本番のFX自動売買(EA)利用でおすすめはVPS

ここまでノートパソコンでFX自動売買をする際におすすめの設定を紹介してきましたが、最終的にそれなりの資金をFX自動売買で動かす場合はVPS(お名前.comのデスクトップクラウドかAblenet)をおすすめします。

詳細はFXのEA運用におすすめVPSの選び方で詳細を紹介していますが、ノートPCでは補いきれない、インターネット回線トラブルやパソコン機器トラブルの懸念が残るからです。

お名前.comなど大手のVPSで利用されているサーバやネットワークは冗長化(何かが壊れてもサービスに影響がない)されている為、想定外の状況は起こりづらくなります。

blank
Exy-2博士
動かす金額とリスクを考えて選択じゃな。本番系はVPS、少額やデモでの検証などはノートパソコンなど使い分けがよいじゃろう。

FX初心者であり、コンピュータもそこまで詳しくない場合は、大手GMOインターネット株式会社が運営しているお名前.comが提供しているデスクトップクラウドが使いやすく感じるかもしれません。

blank
Exy-2博士
Ablenetは安価で無料お試し期間が10日ついているため、以下のキャンペーンから一度使ってみて判断をするのがいいかもしれんのぅ。
デスクトップクラウドのプランは色々ありますが、キャンペーンでお得なものを利用するのがいいと思いマス。EAのお試し利用の場合でもキャンペーンの状況によっては1か月より6か月以上を選択するのが割安になることがほとんどなので注意してクダサイネ。
blank
ロボ1号
blank
Exy-2博士
EA自体短期で結果が出るものではないので、6か月がまずはいいかもしれん。基本的に初心者は1.5GBで問題ないが、以下の記事に選ぶときの目安を書いているので参考にしてもらえるといいかのぅ。

FX初心者におすすめはノートパソコン まとめ

FX初心者におすすめのパソコンはノートパソコンで決まり!?ということで、ノートパソコンのメリット、デメリットやおすすめの性能・スペックや新品・中古購入時に注目すべきポイントについて紹介しました。

FX初心者おすすめノートパソコンまとめ

  • WindowsOSを選ぶべし!
  • 現在はノートパソコンでも性能は良い!バッテリ搭載しているとEAでの再利用もしやすい。
  • 画面が小さいなどデメリットはあるが、外付けディスプレイなどを使うことでデュアルディスプレイでも使える。
  • ノートパソコンでEAを動かす場合に設定したい項目は要チェック!
ノートパソコンでも、外付けでディスプレイを繋げてマルチモニターやトリプルディスプレイとかできる時代ですからネ!
blank
ロボ1号

新しければ新しいほど性能は良いですが、5年以内のものであればある程度いいものが多いですし、中古も状態がいいものが現在は出回っている時代です。

ご自身が納得できる環境を整えることは先行投資ともいえますので、その後FXで利益を出していけるようになる為にも整えておくといいでしょう。

blank
Exy-2博士
ちなみに、豆知識じゃがノートパソコンもデスクトップパソコンも、VPSの月額費用もFXトレードで利益を出すために利用する場合、経費として計上することは可能じゃ。
10万円未満であれば、減価償却もなしで消耗品として計上デキマスネ。
blank
ロボ2号

ノートパソコンか、VPSか迷っている方は以下の記事も参考にしてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
blank

exy-2 博士

2014年からFXを開始。スキャルピングやデイトレードでの裁量取引から始めたが、なかなか思い通りに結果を出すことが出来ず苦戦。スイングトレードが自分に合っていると知る。 その中でEAでの自動売買とも出会う。様々なEAを利用する中で自分のロジックを形にしたいと考え、MT4やMQL4を学び、今もなおFXトレードと合わせて研究中。 自分の開発したEAで、多くの人に利益を出してもらいたいという夢と、FXを始めた頃の自分のようなトレーダーの方にブログを通して有益な情報を発信したいと思い、2019年にExy-2博士のブログを開設。

-MT4/環境/トラブル対応
-, , ,

blank