FXチャート分析・相場分析

AUDUSDは下落シナリオ!?相場観を養う【相場分析番外編】

〈パターン1〉1時間足でEMAを基準にしたシナリオAUDUSD

博士
たまにはドル円以外の通貨ペアも分析してみるかの〜

じゃあ、博士AUDUSDとかはどうでしょうカ?
ロボ1号

こんな方におすすめ

  • AUDUSDに着目しているFXトレーダーの方
  • 相場分析を練習中の初心者トレーダーの方
  • 自分のシナリオ、相場観を客観的に確認したい方

日足で大局的なトレンドを捉える

トレードをしていく上でまず必要となるのが、相場観です。

この相場観を持つためには、週足や日足を見てシナリオを立てることをオススメします。

そして、今回のAUDUSDは日足で相場観を持っていきたいと思います。

まず、FXの相場観を持つためのコツとして重要なのが、細かいことを気にせずに大局的にチャートを眺めトレンドを捉えることです。

わかった!チャートは右下がり動いているように見えるよ。
ロボ2号

日足で大局的なトレンドを捉える

画像は日足のAUDUSDになりますが、パッと見で右肩下がりの下落トレンドが続いていることが分かるので、相場観としては今後も下落していくことを想定し、トレードするのであればショートの目線をまず優勢に考えます。

かなりシンプルに思えるかもしれないのですが、まずは相場の大枠を捉えているのでこれぐらいシンプルに判断を下して問題ありません。

次のポイントは、大局の中の現状把握

次に見ていくポイントは大局的なトレンドの中で相場は上下を繰り返すので、現状のどういった状況なのか掴んでいきます。

今は長期下落トレンドの中で一度一服があり、画像に引いてある水色のトレンドラインと黄色の水平線付近でレートが推移しています。

確かに…黄色の水平線が過去にも何度か意識されてチャートが反発しているように見えますネ。
ロボ1号

ここでのポイントは黄色の水平線が抵抗となるので、ここから再度長期下落トレンド方向に相場は動いていく可能性が高いです。

これを大きく超える場合は大局的なトレンドが上昇に転じていく可能性も高くなっていきますが、今はそこまで考えなくても良いでしょう。

ここまで決まったら、あとはエントリーはどこでしていくか複数シナリオを考える段階に入ります。

AUDUSDで今後考えられる2つのシナリオ

今回は2つのパターンショートのシナリオを想定していきます。

考えられる2つのシナリオ

  • (パターン1)1時間足でEMAを基準にしたシナリオ
  • (パターン2)パターン1のシナリオを崩された場合、時間足を4時間に移り新たなシナリオ

それぞれ見ていきましょう。

〈パターン1〉1時間足でEMAを基準にしたシナリオ

〈パターン1〉1時間足でEMAを基準にしたシナリオAUDUSD

最初に考えていくパターンは1時間足でEMAを基準にしたシナリオです。

トレーダーによって何を基準にFXトレードするかは様々ですが、ここではEMA169、144の2本を相場の抵抗ラインとして見ています。

このEMA付近では反発や戻しがよく起こり、画像では黄色と赤のEMAがそれに該当し今AUDUSDはそれ割っていくか戻されるかの攻防をしています。

もし、割ることが出来ず戻すようであれば、パターン2のシナリオに移ります。

ですが、EMAを割っていく動きになった場合でのシナリオを画像に描いていますが、まずEMAから離れるように下落をしていきます。

しかし、そのまま相場を下落を続ける可能性は低いと思うので、一旦戻すことが考えられます。

戻さなくても、少しレンジ状態になることも多いです。

なので、トレードのタイミングとしてはEMA割り、次に戻してEMAに近づいてきたタイミングとなります。

(パターン2)時間足を4時間に移り新たなシナリオ

(パターン2)時間足を4時間に移り新たなシナリオAUDUSD

パターン1のシナリオを崩された場合は、時間足を4時間に移り新たなシナリオに当てはまっていくかを見ていきます。

4時間足にする理由として、長期的に下落トレンドの相場でパターン1のEMAで反発したということは長期トレンドも反転していく可能性が浮上します。

ですが、そう簡単に長期トレンドは反転しませんし、1時間足でそれを判断することは難しいので、もう少しゆったりと相場を捉えるために4時間足にします。

そして、ここで注目するのは、直近の高値です。

直近の高値??それってどこになるんだろう。
ロボ2号

この高値は日足などで引ける水平線やトレンドラインで反発した位置にあたることが多く、ここを超えてくるとなると相場全体のトレンドに変化が生まれてくることになります。

ですが、先ほど述べたようにそう簡単に長期トレンドは変わるものではないということを考えると、基準とした高値をAUDUSDは超えられずに下落していくシナリオが完成します。

なので、ここでのエントリーは高値を超える前に相場が再反転し4時間足で2本ぐらい陰線をつけてからがオススメです。

シナリオは立てたが分析に執着しない

シナリオは立てたが分析に執着しない今回のFX相場分析では2つのパターンを作り、それに当てはまっていけばトレードしていくことが出来ます。

しかし、相場分析というのは当たる可能性は25%ぐらいしかないと思ってください。

それは何故かというと、エントリーする条件が整うかどうかで50%、そしてエントリーしても利益が出るかどうかで50%だったものが25%です。

この25%の確度を高めるために集中して分析を行ってるわけですが、最終的にはチャートが全てであり、事実ですので、上手くいかなった場合は素直に損切りすることが大事です。

博士は先日ツイッターでこのようなツイートをしていますネ。「事実を受け入れる」…深い言葉デス。
ロボ1号
博士
そうじゃな、相場観という言葉自体も抽象的じゃが、チャートをエゴ抜きに受け入れる必要があるということじゃ。

まとめ

今日は2019年10月25日時点のAUDUSDの相場分析と下落シナリオ。

相場観についてお伝えしました。

まとめ

  • 日足で大局的なトレンドを捉え、大局の中で現状を把握する。目線はシンプルな判断で。
  • 大局確認後、今回は2つのシナリオを想定。パターン1⇛パターン2で推移。
  • シナリオは立てたが自分の相場分析に執着せず、チャートを事実と受け止め、うまくいかなかったら損切りする。

以下のページで自作のEAを公開しています。

myfxbookでの動作やバックテスト結果も公開していますので、FXトレードのお供や相場観向上に役立ててください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

exy-2 博士

2014年からFXを開始。スキャルピングやデイトレードでの裁量取引から始めたが、なかなか思い通りに結果を出すことが出来ず苦戦。スイングトレードが自分に合っていると知る。 その中でEAでの自動売買とも出会う。様々なEAを利用する中で自分のロジックを形にしたいと考え、MT4やMQL4を学び、今もなおFXトレードと合わせて研究中。 自分の開発したEAで、多くの人に利益を出してもらいたいという夢と、FXを始めた頃の自分のようなトレーダーの方にブログを通して有益な情報を発信したいと思い、2019年にExy-2博士のブログを開設。

おすすめの人気記事ランキング

無料EAFX自動売買ツール一覧表紙 1

博士本FX研究所オリジナルの無料EA(FX自動売買システム)の一覧とそれぞれのEAの概要ページじゃ!バックテストやmyfxbookでの稼働状況や取引成績も公開中しておるぞ。 ご自身の気に入ったEAを是 ...

FXやEAでの自動売買初心者向けの使い方一覧 2

博士この記事では、FX自動売買の始め方・使い方から、FX全般で初心者にぜひ知っておいて欲しいことをまとめた記事の一覧を紹介するぞぃ。 目次1 FXやEAでの自動売買初心者向けの始め方・使い方一覧【簡単 ...

【FX用無料カスタムインジケーター】ピラミッドパワーでトレンドを掴め! 3

博士今回はFXでトレンドを判断するために独自に開発した無料カスタムインジケーター、ピラミッドパワー(pyramid power)を大公開していくぞぃ。 カスタムインジケーターも無料公開デスカ。どんなイ ...

海外FX業者でEAを運用するメリットとデメリット 4

海外FX業者でFXの取引をしたり、EAを使って自動売買をするメリットとデメリットはありマスカ?国内にもFX業者があるでしょう。ロボ1号 博士日本のFX業者でも限られてはいるがMT4やEAは利用できる。 ...

4種類の無料EAを複合稼働させた時のトレード結果と月利予測 5

Exy-2博士。沢山EAがありますけど、全部同じ口座で動かさないの?ロボ2号 博士そうじゃな…。そうしたら、「Exy-2 Zero」と名付けたFX口座で同時に動かしておくか。myfxbookも登録して ...

-FXチャート分析・相場分析
-, ,

Copyright© FX研究所~初心者でもわかる相場・チャート分析のやり方~ , 2019 All Rights Reserved.