FXチャート分析・相場分析

【1万円を10万円にする錬金術シナリオ②】過熱するポンドドルの下落劇場

blank
blank
エドガー
こんにちは、エドガーです。今回のトレードはポンドドルです。
今回も期待してるわ、エドガー💋
blank
謎の女性

前回ポンド円のトレードでマイナスになっていた資金を元に戻すことが出来て少しホッとしています。

4時間足で確認していた下落トレンドラインにぶつかった所で利確したのですが、そのあとポンド円は反転下落の流れになったので、利確の判断は正しかったようです。

運も味方してくれたことですし、この良い流れにあやかって再度ポンド円でトレードしようかと思ったのですが、チラッと覗いてみたポンドドルの方が相場が判断がしやすいと感じたので、シフトチェンジしてポンドドルで11月19日からトレードを開始しています。
(22日現在もトレード中)

このトレードも勝って、さらに勢いを増してFXでガンガン稼いでいきます!

錬金術内容

・1万円を10万円に増やす。

・1ヶ月〜2ヶ月間が目安

・参考になるようにトレード内容を更新

・資金管理についても言及

 

【速報!!】ちょっとプラスになり始めたポンドドル

先週の金曜日からトレードをしているポンドドルですが、少しプラスになってきました。

このあとまたマイナスになってしまうこともありえますが、個人的な目線としては1.33500ぐらいまでは狙っていきたいですね。

4時間足を見るとそこが直近の安値になってるので、ここを基準として見ています。

ポンドドル相場分析

【GBPUSD/4時間足】

そして、そこまで下落すれば約80pips獲得するので、それなりの利益になりますし、増えた資金でロット数を上げれば、利益が大きくなる可能性は高まるので、そうやって雪だるま式にお金が増えていく稼ぎ方がFXでの理想です。

ポンドドル相場分析

【GBPUSD/30分足 リアルトレード中のMT4】

 

急下落から始まったポンドドルの相場分析

ポンドドルは4時間足の下落トレンドラインを上抜けしてきていたので、これから上昇していくのかなとぼんやり思っていましたが、ポンド円は下落トレンドラインで綺麗に反発した影響からか、ポンドドルも同時期に急に下落を始めました。

目付けを始めた30分足

先ほど言った急下落が30分足では、画像のように確認できました。

ポンドドル相場分析

基本的に一目均衡表の雲の上でチャートが推移してる場合は、ロングで目付け、下で推移してる場合は、ショートで目付けを行うので、今回の動きではショートでのチャンスがありそうだなと判断しました。

そして、大事なのはこの雲の上になったり、下になったりするレンジ相場では勝負仕掛けることが出来ないわけです。

なので、チャートが下で推移してる際は一定期間下落が続くであろうチャンスを見抜く必要があり、数多くあるチャンスの1つに急変動があります。

相場が大きく動いた際は、上下に価格が変動してしまうパターンもあるので、安易にエントリーするのはハイリスクですが、時間を掛けて相場を観察し、急変動後も一定期間同一方向に動く可能性があると判断したときはエントリーのタイミングになります。

次に意識されるサポートラインはどこにあるのか・・

ショートでチャンスがあることを確認できた次に行うのは、この下落がどこまで続くのか予想することです。

これはトレードで獲得できる利幅をある程度把握しておく大事な作業なので、必ずやるようにしてますね。

チャンスでも焦らずにやるべきことしっかりやるということね、エドガー📝
blank
謎の女性

例えばチャンス見つけても次のレジサポラインなどが20pips先にあるようなとき、そこでの反発リスクが気掛かりになり、実際に反発してしまった場合は利益になりません。

ですが、次のレジサポラインが100pips先にあるのであれば、十分な獲得pipsを狙うことができるので、大きな利益得る可能性が高まります。

ポンドドル相場分析

【GBPUSD/1時間足】

普段、獲得目標を定める際は4時間足以上を見ることが多いのですが、今回は1時間足でもわかりやすかったので、1時間足で目標設定しました。

次の安値となるのが、1.33500付近にあり現在の価格から100pipsほど離れているので、これはFXで稼ぐチャンスがあると言えますね。

ちなみに15分足などで価格目標を決めようとすると近くレジサポラインがたくさん見えてしまい、利幅取れないからエントリーしづらくなってしまうので、利幅の獲得目標を決める際は4時間足などを見てざっくりとした感じで決めるようにしてます。

ポンドドル相場分析

【GBPUSD/日足】

15分足などではたくさん見えてしまうレジサポラインも日足を見ると次の安値が簡単に見つかりますよね。

このような感じで要所要所でチャートを見る時間足を変更する必要性を理解していれば、マルチタイムフレームの重要性が腑に落ちてきます。

ここまでのまとめ

  • 一目均衡表で確認できる下降雲の下で価格が推移してるので、ショート目線でチャンスを狙う
  • この下落が今後も続くのかがエントリーの鍵
  • 次の直近安値まで100pipsほどあるので、稼ぐチャンスは十分あり

止まらない下落のどこでエントリーするか

急激な下落時に一番難しいのは、どこでエントリーするかという部分ですね。

どんな時もエントリーは難しいものですが、急な下落などがあったときはちょっと逆張りしたくなるような悪魔の囁きがあったりするので、個人的には一番難しく思っています。

blank

【GBPUSD/30分足】

判断がしやすい時間足までずらしていく

普段のトレードでは30分足を見ながらエントリーまでいくことがほとんどですが、一方的に大きな動きがあるときは30分足でも中々判断がつかないことが多いです。

そうしたときに行うのが、さらに細かい動きが見えてくる時間足にずらしていくことなので、5分足でチャートを見ることにしました。

ポンドドル相場分析

【GBPUSD/5分足】

5分足も30分足同様に下落、下落、下落にに見えるのですが、直近の動きを見ると下髭のあるローソク足がちらほら見え、少し上昇していくのかなと頭にチラッと浮かんできますが、上がることなくさらに下げていく動きになっていることが確認できます。

これらのことから、今は中々買いが集まるような状況にはないのかなということが予想できます。

つまり・・・

今後も下落していくと判断しエントリー

下落の勢いが止まらないポンドドルは、エントリーのタイミングを見出せない時間が続いたのですが、5分足の状況から今後も買いの需要が高まっていく可能性は低いのではないかと感じたので、稼ぎたい気持ちを乗せてエントリー。

ポンドドル相場分析

【GBPUSD/30分足 エントリー】

ここでポチッとって感じです。

利確目標は事前に確認した安値1.33500付近なので、最大80pipsほど狙い、損切りはちょっとした急反転巻き込まれないようにエントリー価格からマイナス50pipsにしました。

エントリー後の途中経過

エントリーしたあとはあるあるの急反転でちょっとやばいかな〜と思いましが、その後再度反転して週明けの月曜日に少しプラスになってきました。

ポンドドル相場分析

【GBPUSD/約8pipsプラス】

 

その後再度反転する場面もありましたが、徐々に利幅を伸ばしてきて30pipsを超えた段階で逆指値決済をマイナス35pipsに変更。

ポンドドル相場分析

【GBPUSD/約30pipsプラス】

そして、目標としていた価格まで届き、ここまでは見ていなかったのですが、確認できたところでプラス決済。

ポンドドル相場分析

【GBPUSD/67pips獲得】

今回FXで稼いだ金額

今回は0.05ロットでトレードし、67pips獲得したので3,750円ゲットです。

金額的には正直まだ微々たるものですが、前回のトレードよりも0.02ロット上げることができています。

今後も利益を出して、ロットを上げて行けば10万も近い将来見えてくるはずです。

ポンドドル相場分析

【資金&利益】

【1万円→10万円企画】トレード成績

何度かトレードしてますが、今回統計を取るので、成績としてはこのトレードを1取引目として計上していきます。

トレード成績

  • 取引回数:1回
  • 勝率:100%
  • 獲得pips:67
  • 稼いだ金額:3,750円
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
blank

exy-2 博士

2014年からFXを開始。スキャルピングやデイトレードでの裁量取引から始めたが、なかなか思い通りに結果を出すことが出来ず苦戦。スイングトレードが自分に合っていると知る。 その中でEAでの自動売買とも出会う。様々なEAを利用する中で自分のロジックを形にしたいと考え、MT4やMQL4を学び、今もなおFXトレードと合わせて研究中。 自分の開発したEAで、多くの人に利益を出してもらいたいという夢と、FXを始めた頃の自分のようなトレーダーの方にブログを通して有益な情報を発信したいと思い、2019年にExy-2博士のブログを開設。

-FXチャート分析・相場分析

blank

© 2021 FX研究所~初心者でもできるチャート分析と自動売買EA~