FXチャート分析・相場分析

上昇トレンド中のポンド円にショートで仕掛けた訳

blank
blank
エドガー
今回もポンド円トレードについての記事です。

しかし、前回とは内容が大きく異なり上昇トレンド中にショートで仕掛けた訳を解説していこうと思います。

こんな方におすすめ

  • 裁量トレードを日々してる方
  • チャート分析について知りたい方
  • トレンドの固定概念を捨てられない方
blank
Exy-2博士
エドガー君、今回の記事もよろしく頼むゾ
blank
エドガー
了解です。博士

ポンド円は上昇トレンド継続中に見えるが・・・

ポンド円の日足を見ると未だに上昇トレンドが続いてるように見えますし、そのように判断しても間違いではないように思えます。

しかし、だからといってロングでエントリーしても利益にならないのがFXの世界です。

長い期間上昇トレンドが続いていても、一時的に戻しはありますし、その戻しが起点となり下落トレンドに転じる可能性もあります。

そして、下落トレンドになったかと思えばまた上昇トレンドに戻ったりと、中々相場は自分が思うような動きになってくれません。

それはそうですよね。

実際価格を動かしてるのは私ではなく、私以外の巨額のマネーを動かしてる人たちなのですから。

それが実需なのか、ファンドなのかはわかりませんが、とにかく言えることは私のような大多数の個人投資家では価格は動かせない訳ですから、上位足から見た既存のトレンドに従うだけでなく、短期足の動きから相場で何が起こっているのか判断する必要があります。

その判断をもとに柔軟にトレードしていく必要があります。

今回のポンド円トレードは長期上昇トレンドが続く中で、ショートでエントリーした理由について解説していきます。

blank

相場を洞察して下落継続のポイントを見つける

長く続いているトレンドにも一時的な戻しがあることは多くの人が知っていることですが、その戻しがどれぐらい続くか詳しく判断したりする人は意外にも少ないように思えます。

実際に上昇トレンドであれば、少し戻した安い価格でエントリーしたいと考える人が大勢であり、チャートが何らかの理由で下がったところを安易にチャンスと捉え取引を始めるFXトレーダーは多いです。

そして、そのようなFXトレーダーほど一時的な戻しがどれだけ続くかもしれないのか見ておらず、既存の上昇トレンドに囚われている可能性が高いです。

私自身が損失した時の経験からも、こうしたエントリーポジションは焼かれやすいと感じています。

ポジションを長期保有するトレーダーであれば、上記のようなポジションの取り方もいいかもしれませんが、多分多くの個人投資家はデイトレーダーなので、一時的な戻しがある程度続くようであれば、その流れに乗ることも大切です。

今回ポンド円の戻しは枠で囲ったところに注目すると、ジリジリ続いてた下落に終止符打ったかに思えましたが陽線がすぐに否定されて、再度下落しています。

その時の陰線の大きさも重要で、先ほど挙げた陽線を囲うような形をしています。

こういう動きをした場合は、そろそろ戻すだろうと判断して見切り発車したFXトレーダー達に損失を作るような動きになることがあります。

なので、私はここで多少ロングで入ったであろうFXトレーダー達がさら損失することで下落がまだ続く可能性があると判断し、ショートでエントリーしました。

その後相場は少しもじもじしましたが、それを抜け出すと一気に下落して約80pips獲得です。

今回のエントリーのように、エントリー前は事前の分析を後押しするような相場真理を洞察することでFXが上手になってくると思います。

blank

まとめ

今回のまとめ

  • トレンドの戻しも利用するべき
  • エントリー前は相場真理を洞察する
  • 長期トレンドに乗ることがすべてではない。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
blank

エドガー

独自のルールに基づいた裁量FXトレーダー。 プライベートなどは謎に包まれている。

-FXチャート分析・相場分析

blank

© 2021 FX研究所~初心者でもできるチャート分析と自動売買EA~