MT4/環境/トラブル対応

MT4からLINEでアラート通知するライブラリの設定方法

MT4からLINEでアラート通知するライブラリの設定方法
MT4上のアラートをLINE通知機能を持った「line_notify_lib.ex4」というライブラリファイルをMT4のデータフォルダに格納方法とLINE Notify側の設定について紹介シマス。
blank
ロボ1号
blank
Exy-2博士
このライン通知用のライブラリファイルはDr.EA BLOGさんが作ったものじゃ。FX研究所内でLINE通知するインジケーターやEAでもありがたく活用させてもらっておる。

こんな方におすすめ

  • サインツールやEAの取引通知やアラート通知をLINEで飛ばしたい方
  • 証拠金維持率、含み損・含み益アラート通知用EA「Exy-2 marginalert」を利用する方
  • 矢印表示FX・バイナリーオプショントレード用インジケーター「Exy-2 W fish」を利用する方

設定にあたり、MT4を使ったことがない方はMT4の初期設定が必要になります。以下の記事を参考にしてください。

また、今回MT4からLINE通知するための方法として、以下のDr.EA BLOGに公開されている「line_notify_lib.ex4」というライブラリファイルを活用させていただきます。

MT4LINE通知用ライブラリファイルの「line_notify_lib.ex4」詳細はDr.EA BLOGを確認してみてください。

MT4に関係する情報やツールなど、様々なものが公開されていますので自作のツールを作っている方は一度ブログを訪れてみると良いかもシレマセン。
blank
ロボ1号

以下一連の流れを紹介します。

LINE通知用ライブラリファイルの「line_notify_lib.ex4」だけでなく、アラートを通知する為のインジケーターやEAが別で必要になります。

ダウンロードしたLINE通知用データの解凍

FX研究所のLINE通知可能なEA・インジケーターのダウンロードしたデータは、ZIP形式で圧縮されています。

以下の各ツールページからダウンロード可能です。

圧縮されたデータを解凍します。以下画像はWindows10標準の機能で解凍していますが、ご自身が利用している解凍ツールをご利用ください。

ダウンロードしたZIPファイルを右クリックし、解凍します。

無料FX用矢印サインツール「Exy-2 W fish」のZIPファイル解凍

解凍すると、以下の2つのex4形式のファイルが出てきます。

MT4LINE通知用ライブラリファイルの「line_notify_lib.ex4」と無料サインツールdoublefish

  • double_fish.ex4:MT4上に矢印を表示するサインツールのインジケーターファイル ※他EAの場合は読み替えてください。
  • line_notify_lib.ex4:MT4LINE通知用ライブラリファイル

LINE通知用のライブラリデータをMT4フォルダに格納

LINE通知用ライブラリファイル「line_notify_lib.ex4」をMT4のデータフォルダに格納します。

MT4のデータフォルダを開く

EAまたはインジケーターを入れるMT4を起動します。

MT4起動後、左上のメニュー>ファイル>データフォルダを開く をクリックします。

インジケーターファイルとLINE通知用のライブラリデータをMT4フォルダに格納

以下のような、MT4のデータフォルダが開きますので、MQL4フォルダをダブルクリック。

MT4データフォルダ表示しMQL4フォルダをダブルクリック

 

MT4LINE通知用ライブラリファイルの格納

MQL4フォルダの以下のフォルダに、ダウンロードしたex4データを格納します。

MT4上に矢印を表示するサインツールのインジケーターファイルの格納

 

  • line_notify_lib.ex4:Librariesフォルダの中に入れる
  • EAファイル:Expertsフォルダに入れる
  • インジケーターファイル:Indicatorsフォルダに入れる
保存先を間違えるとインジケーターが出てこないので注意してクダサイ。
blank
ロボ1号

以下のような状況になっていればOKです。

MT4LINE通知用ライブラリファイルを格納した状況

無事に格納が終わったら、現在開かれているMT4を一度閉じて、再度起動し直してください。

blank
Exy-2博士
格納したデータを、MT4に読み込ませるためじゃな。

続いて、LINE側の設定に移ります。

LINEとLINE Notify側の設定

通知したいLINEグループ設定とLINEトークンを発行(LINE Notify)

以下のLINE Notifyページから、サイン点灯した際に通知するLINEの設定と、通知の為のLINEトークンを発行します。

LINE Notifyページの右上のログインをクリック。

LINE NotifyページでMT4からのLINE通知をする、ログイン

LINEのログイン画面になりますので、LINEに登録しているメールアドレスとパスワードを入力しログインします。

LINE Notifyにログイン

ログインしたら、右上に表示される自分のLINE名をクリック→マイページをクリックする。

LINE Notifyにログインしたら右上のログイン名からマイページを開く

アクセストークンの発行(開発者向け)の下にあるトークンを発行するボタンをクリックします。

アクセストークンの発行(開発者向け)の下にあるトークンを発行するボタンをクリック

以下の「トークンを発行する」画面で、MT4からのLINE通知を飛ばす際の設定をします。

トークンを発行する画面でMT4からのサイン通知を飛ばすLINEグループやトークン名を設定

ポイント

  • トークン名:MT4からのLINE通知時、メッセージの最初に表示されます。
    ご自身の好きな文字でOKです。
    今回はわかりやすく「MT4アラート」にします。以下のように入ります。LINE通知でのMT4トレードサイン例
  • 通知を送信するトークルーム:自分宛のみに送る場合は、1:1 でLINE Notifyから通知を受け取るでOKです。(LINE Notify から直接メッセージが届きます)LINEグループ宛にMT4からの通知を受信する場合は、グループを選択します。

設定したら、発行するボタンをクリックするとLINEトークンが発行されます。

発行されたLINEトークンは今後インジケーター側に設定しますので、必ずコピーしてご自身がわかるように保存しましょう。

LINEトークン発行画面、必ずコピーする

以下、LINE Notifyの連携中サービスに設定したMT4通知の情報が表示されます。

MT4アラート通知が、連携中サービスに表示される1

LINE Notify側の設定はこれで完了です。

MT4側でLINE通知ができるようにする設定

続いて、MT4側でLINE通知できるように初期設定を行います。

MT4を起動後、上部メニュー>ツール>オプション をクリックし、エキスパートアドバイザタブを開きます。

MT4のオプションエキスパートアドバイザにLINE通知できる設定をする

ポイント

以下2つにチェックを入れます。

  • DLLの使用を許可する(信頼できるアプリケーションのみで有効)
  • WebRequestを許可するURLリスト

その後、新しいURLを追加に、LINE NotifyのURL「https://notify-api.line.me」※コピペ推奨 を追加しOKボタンをクリック。

これで、MT4からLINE通知するための初期設定は完了です。

LINE通知をする場合、インジケーターやEA側の設定も忘れずに

LINEでアラート通知する場合、各通知を飛ばすためのインジケーターやEA側に入手したLINEアクセストークンの入力や設定が必要になります。

ツール毎に異なりますので、それぞれのページを参照し、パラメータや設定については確認してください。

(参考)DLLの使用を許可する、外部エキスパートの使用を許可するにチェックが入っていない場合のエラー

LINE通知のパラメータをTrueにしていて、DLLの使用を許可する、外部エキスパートの使用を許可するにチェックが入っていない場合、以下メッセージが出ます。

DLLの使用を許可する、外部エキスパートの利用を許可するにチェックを入れてない場合のメッセージ

エラーメッセージ状況
Allow the use of external experts外部エキスパートの使用許可がされていない
Please allow the use of DLLDLLの使用許可がされていない

Exy-2 W fishの全般タブ内の以下チェックボックスを確認。

DLLの使用を許可する、外部エキスパートの使用を許可するにチェックが入っていない

及び、MT4の上部メニュー>ツール>オプション>エキスパートアドバイザ タブ内の、DLLの使用を許可する(信頼できるアプリケーションのみで有効)にチェックが入っているか再度確認してください。

まとめ

MT4LINE通知用ライブラリファイルの「line_notify_lib.ex4」のMT4への導入方法、LINE Notify側の設定について紹介しました。

Exy-2 Robo-Destroy finalまとめ

  • 「line_notify_lib.ex4」をMT4に入れることで、LINE通知が可能になる
  • FX研究所のインジケーター「W fish」と「marginalert」もこの機能を使ってLINE通知する
  • 世の中に出回っているEAでも利用できるものあり。詳細は製作者のDr.EA BLOGさんのサイトを確認してください
blank
Exy-2博士
今は大半の人がLINEをメインの通信手段にしている。LINE通知でアラートをいち早く受信できるのはトレードにおいてメリットになることも多いじゃろう。

Exy-2 FX研究所は、FX自動売買で利用できるEAや、相場分析や裁量トレード用のインジケーター、修正を分析するための収支表などFXトレーダー向けに無料で公開しています。

相場分析等も以下のリンクボタンから確認できますので、FX取引に役立ててください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
blank

exy-2 博士

2014年からFXを開始。スキャルピングやデイトレードでの裁量取引から始めたが、なかなか思い通りに結果を出すことが出来ず苦戦。スイングトレードが自分に合っていると知る。 その中でEAでの自動売買とも出会う。様々なEAを利用する中で自分のロジックを形にしたいと考え、MT4やMQL4を学び、今もなおFXトレードと合わせて研究中。 自分の開発したEAで、多くの人に利益を出してもらいたいという夢と、FXを始めた頃の自分のようなトレーダーの方にブログを通して有益な情報を発信したいと思い、2019年にExy-2博士のブログを開設。

-MT4/環境/トラブル対応
-, , ,

blank