FX自動売買(EA)

自動売買で利用するEAが推奨された通貨ペアや時間足でしか使えない理由

自動売買で利用するEAが推奨された通貨ペアや時間足でしか使えない理由
博士、Exy-2 FX研究所にあるEAって、推奨通貨ペアとか時間足があるけど他のでは使えないの?
blank
ロボ2号
blank
Exy-2博士
ほう、いいところに目線がいったのう。では今日は自動売買で利用するEAが指定された通貨ペアや時間足でしか使えない理由を教えよう。

こんな方におすすめ

  • 使おうとしているFX自動売買用EAの通貨ペア・時間足を変えようと思っている方
  • EAに時間足、通貨ペアの指定や推奨がされている理由を知りたい方

全てではありませんが、世の中に出回っている大抵のFX用自動売買ツールやEAには、推奨されている「通貨ペア」と「時間足」があります。

裁量でトレードをする場合にも、MT4やTradingView、各FX業者のトレードツールなどで「通貨ペア」と「時間足」をローソク足表示などにして取引シマスネ!
blank
ロボ1号
blank
Exy-2博士
そうじゃ。一般的にFX自動売買で利用するEAもMT4で動いているから、この通貨ペアと時間足は関係があるんじゃな。

では、具体的にどうして推奨されている「通貨ペア」と「時間足」でしか使えないのか説明します。

推奨通貨ペアでしか利用できない理由

推奨通貨ペアでしか利用できない理由

大きく分けると以下の2点が理由です。

通貨ペアごとに値動きや特徴が違う

すでにFXで取引をしたことがある方はご存知かもしれませんが、通貨ペアによって値動きやクセのような特徴があります。

例えば、GBPJPY(ポンド円)は動き出したら数100pips動くとか?
blank
ロボ2号
blank
Exy-2博士
おぉ、正解じゃ。多くのEAはチャートの値動きデータ、インジケータの値をベースにエントリー・エグジットポイントの計算をしているわけだ。

例えば、以下のチャートは2021年1月から4月までのUSDJPY、GBPJPYの日足チャートの比較です。

通貨ペアごとに値動きや特徴が違うUSDJPYとGBPJPY

比較がしやすいように、クロス円(円関係の通貨ペア)にしましたが、約1年3ヶ月の間でドル円とポンド円の値動き幅が違うことがわかります。

blank
ロボ1号
高値と安値の差でドル円は約8.3円、ポンド円は約12.8円デスネ!形状は近いですが、形も違いマス。

EA開発者は。「値動きの幅」「レンジの幅」「トレンド時の値動きのクセ」「過去のチャート情報」など、EAを開発する際は様々なデータによって通貨ペアの特徴を元に、その通貨ペアに合ったロジックを組むことがほとんどです。

つまり、推奨通貨ペア以外だと作成したロジックとマッチしない為、期待していたような取引をしてくれない=利益を出すことが難しいとなります。

[st-kaiwa3r r]それって、水泳のクロールオリンピック代表選手が、陸上の短距離走の大会に出るみたいな感じ??[/st-kaiwa3]

blank
Exy-2博士
その例えが適切かどうか・・・ただ、そんな感じじゃ。なんでもかんでも得意というものはないと思ったほうが無難じゃな。

レンジ相場での逆張りを得意とするようなドル円やユーロドルなどが推奨の逆張り型のEAは、値動きが大きく一方的なトレンドができたら止まらないポンド円などには不向きなどです。

また、あまり値動きがない通貨ペアではトレード自体がされないなど、EAの特徴によっても状況が変わってきます。

EAの中では、パラメータをカスタマイズできるものもありますが、一般的にはいずれかの通貨ペアに合わせて自動売買のロジックを作り込んでいるものが多いです。

blank
ロボ1号
Exy-2 Robo-Destroy finalなどはカスタマイズできるので様々な通貨ペアに対応できますが、その分調整は必要ということデスネ!

とはいえ、EAに組み込まれているロジック次第では、推奨通貨ペアをしなくてもある程度の利益が見込めるものもあります。

しかし、次の理由により利益を出すのが難しいケースが出てきます。

スプレッド(売値と買値の価格差)が違う

もう1つ、大きく影響を受けるのがスプレッドです。

スプレッド(売値と買値の価格差)が違う

こちらは海外FX業者の中で人気の高いXM tradingスタンダード口座のスプレッドです。

日本時間15時頃のデータで、左のドル円が15(1.5pips)、右のポンド円が41(4.1pips)になっています。※スプレッドは相場の動きによって変動します。

スプレッド差が大きければ大きいほど、トレーダーにとっては不利になってしまう関係がある為、そもそもスプレッドがある一定以上である場合はエントリーしないなど、安全装置的な機能をもたせているEAがあります。

blank
Exy-2博士
実際、スプレッドが多くなれば期待利益は減っていくケースが多い。エントリー時、最初から不利な位置で取引が開始されるからのぅ。

特にEAに組み込まれているロジックの利確幅、損切り幅が狭いスキャルピングタイプのEAなどは注意です。

最初から不利な位置でトレードがスタートする為、スプレッドが広ければ広いほど、利確と損切りの幅が狭いと影響があり勝率が下がってしまいます。

ドル円やユーロドルなら利確されていたのに・・・。などの状況が発生してしまうわけです。

EAは24時間動かしっぱなしでトレードをすること、スキャルピングの場合はトレード回数も大きくなるので、適切に動かさないと損失が続く展開になる可能性が上がります。

ドル円、ユーロドルなどは世界中で取引されている流動金額が大きい為、スプレッドは狭くなっていますが、ポンド円やトルコリラなど変動が大きい通貨ペアでは厳しい展開になります。

blank
ロボ2号
なるほどね、スプレッドも通貨ペアによってぜんぜん違うんだ!
FX研究所のEAもスプレッド制限をかけているEAもありますヨ。また、XMのZero口座やTitanFXのBlade口座などスプレッドが極小のECN口座で使ったほうがいいEAもあるんデス。
blank
ロボ1号
blank
Exy-2博士
ただし、一概にスプレッド自体が悪いとも言えない部分もある。

ナンピン・マーチンゲールタイプなどは含み損を持っていた事で、それ以降のトレードタイミングが代わり最終的に良い結果になるケースもEAの特性によっては出てくるケースもあるので一概になんともいえない部分もあります。

また、スプレッドの広いGBPJPYの値動きに特化したEAなども存在するため、EAの特性・各通貨ペアの特性を理解して自動売買を行う必要があるということですね。

blank
ロボ2号
OK、理解した!EAによるけど、ひとまずスキャルピングEAでスプレッドが広い通貨ペアは注意だね!

推奨時間足でしか利用できない理由

推奨時間足でしか利用できない理由

ここまで紹介してきた通貨ペア以外に、EAを稼働する時間足もEAの成績と大きく関わってきます。

blank
Exy-2博士
これはEA開発者の作り方にもよるが、今動かしている時間足のデータを利用してエントリー・エグジットなどのロジックを最適化しているからじゃな。

例えば、「ローソク足が切り替わったらエントリー」「移動平均線をベースに1時間足のトレンドに沿ってエントリー」など、やや長期的な目線でトレードするEAの場合。

1分足や5分足ではやたらたくさんエントリーをしてしまう。その上損切り・利確までの幅が広すぎてうまく行かない。などの事象が発生してしまいます。

えぇー、たくさんトレードしたいから5分足とか1分足とかで取引させたいのにな。
blank
ロボ2号
blank
Exy-2博士
その場合、その時間足に合ったEAを使う必要があるってことじゃ。または、パラメータを変えれば使えるEAなどな。

FXトレーダーと同じく、EAにもスキャルピング、デイトレ、スイングなどそれぞれ得意分野がありますので、推奨されている時間足以外での稼働は止めておきましょう。

それぞれのトレードスタイルについてはこちらの記事でも紹介しています。

まとめ

EAで自動売買を始める際に、推奨の「通貨ペア」「時間足」があるのはなんで?という疑問を感じるFXトレーダーの方も多いようだったので、EAを作成する側の目線から記事を書いてみました。

自動売買で利用するEAが推奨された通貨ペアや時間足でしか使えない理由 まとめ

  • 推奨通貨ペアでしか利用できない理由は、通貨ペアごとに値動きや特徴が違うため
  • 通貨ペアによりスプレッドが変わる。特にスキャルピング型のEAは注意が必要
  • 推奨時間足でしか利用できない理由は、EAを動かしている時間足のデータを元にロジックを作り込んでいるEAが多いため

EAの特性を理解して、推奨通貨ペア・時間足以外でも動く方法を探したりするのも1つの面白みではありますが、その際は今回の記事を思い出してもらえるといいと思います。

FX研究所だけでなく、自動売買で利用できるEAはいろいろなところで入手することが可能ですので、自分にあったEAを探してみてください。

FX研究所内の以下のRobo-Destroy-finalは、自分オリジナルとして複数の時間足、通貨ペアに合わせた取引が可能になるEAです。

デモで利用することも可能ですので、よければお試しください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
blank

exy-2 博士

2014年からFXを開始。スキャルピングやデイトレードでの裁量取引から始めたが、なかなか思い通りに結果を出すことが出来ず苦戦。スイングトレードが自分に合っていると知る。 その中でEAでの自動売買とも出会う。様々なEAを利用する中で自分のロジックを形にしたいと考え、MT4やMQL4を学び、今もなおFXトレードと合わせて研究中。 自分の開発したEAで、多くの人に利益を出してもらいたいという夢と、FXを始めた頃の自分のようなトレーダーの方にブログを通して有益な情報を発信したいと思い、2019年にExy-2博士のブログを開設。

-FX自動売買(EA)

blank

© 2021 FX研究所~初心者でもできるチャート分析と自動売買EA~